いかに自分に余白を残すか。【 旅LOG – 2018.11.10 】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/11/10(土)
立冬 ( りっとう ) 二十四節気
山茶始開 ( つばき はじめて ひらく ) 七十二候 第五十五候


妻はお疲れらしく、改めて眠りについた。今日はさらに元気になったから、寝室と居間との間の襖を閉めて、朝から息子と二人で過ごす。台所のカウンターでパソコン仕事を進めている脇で、息子は部屋にあるいろんなものをばら撒き始めた。いろんなものに興味があることは、いいことだと思う。それを大切に。

キリのいいところでそろそろ、本日最初のごはんの支度を始めようかと。今日はカレーが食べたい。米びつから米を取っていると、息子がその音を聞きつけ、興味津々に寄ってきた。そして、息子が手を出してきて米を入れていたボウルがひっくり返りそうになった。一人で相手しているとこうなるよね、な体験。


*


サンフレの優勝の可能性は潰えた。あと残り2試合ある中で、完全に消えてしまった。昨シーズン残留争いをしていたチームの結果としては、出来過ぎなくらいの結果なのかもしれない。でも、手の中にあった優勝を逃した感は否めない。ここにきて5連敗。何だろうな、今の状態は。ものすごい燻りを感じる。

視点を変えれば、また更に成長する機会でもある。王者のメンタリティというか、大切なところで盛り返せる信念というか。それは自分にも言えること。当たり前にそこに向かう自分として、今を愉しみ、今に集中できる自分であること。そしたら、今の自分が愉しめる、本当にやりたいことって何なのだろうか。


*


昼過ぎに少し昼寝をして、お風呂の前にもしっかりと眠った。その時間はまるで、内側にある疲れが滲み出るかのような感覚だった。それはきっと、怖れでもある。自分の奥底にある怖れを手放し、妙に強張った肉体を癒すために眠っている気がした。この先の人生のためにも、身体が元気になるのは嬉しいこと。

旅する暮らしを始めた頃からすれば格段に、疲れが溜まりやすくなってきた。疲れを実感できるのは、身体に耳を傾けるようになった結果なのかもしれないけれど、それにしても激しく疲れる。それなので自ずと、旅のスタイルも変わってきた。旅先の時間の中でいかに自分に余白を残すか、それが大切だと思う。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 起床( 7:18 )、まったり、読書、洗い物、片付け、パソコン仕事、料理、洗い物、パソコン仕事、料理、最初のごはん、洗い物、カフェタイム、まったり。
午後 読書、睡眠、まったり、サッカー観戦とパソコン仕事、まったり、サッカー観戦とパソコン仕事、まったり、足湯とゲーム、読書、パソコン仕事、まったり、パソコン仕事。
 読書、睡眠、寝床の準備、まったり、お風呂、瞑想、パソコン仕事、打ち合わせ、読書、就寝( 0:58 ) 。

最初のごはん 鶏丼、カレーライス @盛岡の家
カフェタイム クラムボンブレンド @盛岡の家
打ち合わせ スーパードライ、カレーライス、オイルサーディン、白ごはん、マイルドカルディ @盛岡の家


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-34
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/11/05〜2018/11/14
Next destination
福島県福島市 – FUKUSHIMA/FUKUSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


旅の時間・対話の時間
こばけんとの対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 旅の時間・対話の時間はこちらから


[ お知らせ ]

◻︎ 新しい試み、はじめました。【11/26(月)】
◻︎ 成果報酬スタイルの対話でのセッション、終了のお知らせ。【11/22(木)】
◻︎ LIFE × COBAKEN 、はじめました。【11/11(日)】
◻︎ 6月から半年くらいかけて、今の自分がやっていることをまとめているところです。 【10/19(金)】


[ ここ3ヶ月の人気の投稿 TOP5 ]

No.1 – また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。
No.2 – LIFE × COBAKEN 、はじめました。
No.3 – 僕が今、死ぬまでに伝えておきたい7つのこと。
No.4 – ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
No.5 – 内側にある怒りを手放すこと。【 旅LOG – 2018.10.07】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

LIEF × COBAKEN
COBAKEN LIFESTYLE LABO の公式オンラインショップ。

↑ LIEF × COBAKEN はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター 。広島県竹原市と岩手県盛岡市在住。2012年9月から旅する暮らしをスタート。6年間の7割半は旅先で、その旅先は、日本か東・東南アジアのどこか。生業は、旅や対話を通じて心のバランスを整え、想いや行動を促すこと。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。