本気で実現する気になったから。【 旅LOG – 2018.03.18】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/03/18(日)
啓蟄 ( けいちつ ) 二十四節気
菜虫化蝶 ( なむし ちょうとなる ) 七十二候 第九候


早起きの子は眠り、朝の静かな時間が始まった。いつも通り、今日やりたいことを書き出す。いつからだろうか。もうしばらく、この習慣は続いている。たまにやらない日もあるけれど、継続するにはそれくらいが丁度いい。続けることが苦手だった自分としては、今続いていることのすべてにOKを出していい。

夜にダラダラ過ごすのも好きだけど、朝の静かな、空気も街も穏やかな時間も好き。きっと気温が上がってきたからではあるけれど、この時間の柔らかい光の中で過ごしながら、1日をどう愉しむのか妄想する。そして、そのまま瞑想を。昨日からの感情を手放して、またフラットに真ん中の自分で、今を生きる。


*


恒例の昼寝から起きる。今日もたくさん眠っていた。朝早く起き、昼にたくさん眠るのであれば、1日に2度朝を迎えているようなもの。そんな、頭がまだ起ききらない状態で、相方のパソコンを開いた。これからサンフレの試合が始まるところ。こうして盛岡に居てもネットで観戦できるのがとてもありがたい。

ネットの接続がうまくいかない。使い慣れない Windows に戸惑いながら、相方の言う通りに再起動してみた。すると、立ち上がりからネットをうまく拾ったみたい。よし。そして今度は立ち上がりの時間が長い。あぁ、試合が始まる。急ぐのなら何もしない、という相方の声にイラっとしつつ、静かに待った。


*


もう今夜は、パソコンでの作業をやめることに決めた。パソコンを閉じてメガネを外す。あとは眠るまで、本でも読もうかと思っていると、相方がカンブリア宮殿を見始めた。その回は、生活クラブ、という生協の話で、これから仕掛けていくことのヒントが盛りだくさん。メモを取りながら見入ってしまう。

生産者と消費者が共に生きていく世界。スケルトンの価格、みんなが主役であること。これから NPO を立ち上げて実行することの参考になる事例が目の前に流れていた。本気で実現する気になったから、そのための情報が勝手に届くようになったのだろうな。必要な時に必要な物や情報が届く、それがこの世界。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、子守、落書き、パソコン作業、読書、パソコン作業、寝床の片付け、瞑想、最初のごはん、パソコン作業、身支度、散歩、スーパーで買い物、家着。
午後 おやつ、子守、睡眠、サッカー観戦。
 料理、晩ごはん、まったり、寝床の準備、お風呂、パソコン作業、動画鑑賞、料理、夜食、動画鑑賞、睡眠。

最初のごはん 白ごはん、鶏しお鍋、玉ねぎと椎茸の煮物 @盛岡の家
おやつ バケット @盛岡の家
晩ごはん 小松菜の煮浸し、鶏の唐揚げ @盛岡の家
夜食 えきそば風 @盛岡の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-18
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/03/10〜2018/03/24
Next destination
広島県竹原市 – TAKEHARA/ HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。