好奇心を持って柔軟に。【 旅LOG – 2018.09.27】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

和歌山で朝を迎え、和歌山で眠りについた1日。





2018/09/27(木)
秋分 ( しゅうぶん ) 二十四節気
雷乃収声 ( かみなり すなわち こえをおさむ ) 七十二候 第四十六候


チェックアウトをしたらそのまま、CONCENT に向かった。夕方に向けて加太に移動する前に、できる限り仕事を進めておこうと思って。これで3日連続お世話になったことになる。いろんなところで仕事をする生活だからこそ、サクサクと作業ができる環境があることのありがたさは、行く先々で実感してきた。

その途中、純喫茶の話になった。やはり和歌山には純喫茶が多いらしい。ちょうど、ながっちがそのことをまとめたブログを教えてくれた。次に和歌山を訪れた時には、そんな視点でこの街の文化を感じようと思う。勝手にご縁のある街だと思っているし、興味がある街の規模感でもあるし。次はいつ来れるかな。


*


和歌山市駅から加太駅へと向かう、さかな線の車両はなかなか珍しい装飾で、車体の色だけでなく内装にもこだわりがあった。水色の車体に、水色のシート。つり革まで魚の形になっている。ちなみに、ピンク色の車両もあるらしい。南海電鉄も気合を入れているのだな、なんて思いながら電車に揺られていた。

加太駅に到着。バスの時間まではのんびり、ベンチに座って過ごし送迎バスを待っていた。そして時間になり、乗り込んだバスは満席で、バックパックを膝の上に置いて過ごした。初めての香港でバスに乗った時のことを思い出した。今日は10分で着くけれど、あの時は長らく動けずで、とてもとても辛かった。


*


義本さんが加太に転勤になってから、もう7年経ったらしい。レストランの隅っこに座り、陽が沈みかけた海を見ながら早めの晩ごはんをいただいた。地元竹原の食に関するまちづくりの活動で、よく一緒に全国津々浦々、いろんな場所に出張した。その時に色々教えてもらったことがあるから、今の自分がいる。

総支配人、という肩書きではあるけれど、誰とも対等に接する雰囲気は変わらずで。夕方から、レストランから人が引いて、片付けが始まる頃まで、懐かしい話もあれば最近の話もして、笑いながら過ごした。もちろん、お酒も美味しく飲みながら。自分も義本さんのように、好奇心を持って柔軟に年を重ねたい。




目覚め Guesthouse RICO
就寝 休暇村 紀州加太

午前 睡眠、身支度、洗濯、パソコン仕事、乾燥、パソコン仕事、洗濯物たたみ、まったり、荷詰め、まったり、音楽鑑賞、身支度、チェックアウト、歩いて移動、コワーキングスペースでパソコン仕事。
午後 コワーキングスペースでパソコン仕事、歩いて移動、ATMで出金、歩いて移動、食堂で最初のごはん、歩いて移動、コンビニで立ち読み、歩いて移動、スマホで仕事、まったり、電車で移動、読書、まったり、加太駅着、まったり、ゲーム、マイクロバスで移動、休暇村着、まったり、チェックイン、お風呂、瞑想、パソコン仕事、待ち合わせ、レストランで飲み時間。
 レストランで飲み時間、解散、まったり、睡眠、まったり、読書、ゲーム、読書、睡眠。

最初のごはん バラホル、ライス(大) @カレーヤ食堂
パソコン仕事 キリンラガー @休暇村 紀州加太
晩ごはん 一番搾り生大、前菜( 鮪中トロマリネ、チーズ豆腐、レモンオイル )、造り( アコウ姿造り、鮪中トロ、鱧湯引き、鯛、平目、太刀魚 )、クラフトビール4種飲み比べ、鱧磯鍋、熊野牛もも肉レアカツ、白鶴 大吟醸 みぞれ酒、鱧南瓜饅頭 菊あんかけ、鱧香梅揚げ、手まり寿司、海鮮赤だし、デザート( 夕張メロン、鯛アイス最中 )@休暇村 紀州加太 オーシャンダイニング『紀伊の国』


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-21
和歌山県和歌山市 – WAKAYAMA/WAKAYAMA/JAPAN –
2018/09/23〜2018/09/28
Next destination
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。