愉しみの中に己の成長を見出す時代。【 旅LOG – 2018.04.28】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/04/28(土)
穀雨 ( こくう ) 二十四節気
霜止出苗 ( しも やんで なえ いずる ) 七十二候 第十七候


罪悪感を拭うこと。僕らには今、そんなテーマが課せられている。誰かのために、というのはとてもいいことだけど、それを自分の想いを最優先にしながら行う時がやってきた。自分がどうしたいのか、どんな人間で在りたいのか、それがすべての人に問われている。自分で自分を縛ることからの解放、それが今。

そのおかげで良かったこともある。だから、それが悪いということではない。ただ単に時代が変わっただけ。苦しみの中に己の成長を見出す時代から、愉しみの中に己の成長を見出す時代になった。逆に簡単ではない部分もある。上辺の楽しみではなく、内側から沸き起こる愉しみ、それを胸を張って味わうこと。


*


まずは、あるものを活用することから始めるのがいい。珈琲豆は挽いてもらったものを昨日買ってきた。コーヒーサーバーは相方の親戚からもらった、とてもいい感じのものがある。実は、昨日もそれを使ってみたのだけれど、うまくできたのかどうかがわからない。いわゆるものとは違う形で、初めてのもの。

だから、いわゆる形のものを買うことも考えた。でも、たった1度使っただけで諦めていいのか、そんな問いかけが自分の中に響く。物と仲良くすることを改めて意識して生きようと思った矢先、物とのご縁を信頼しない考えが先に浮かんでしまった。意識とは面白い。まずは使い方を調べることから始めよう。


*


サンフレの試合を観戦し終えたところで、今夜の晩ごはんである鶏餃子を作り始めた。キャベツをみじん切りにすることから始める。こんな時、まな板がもう1枚あれば。だからまな板を手に入れることにしよう。でも、今日の相方はみじん切りをする気分ではなかったらしい。だから結果としてはちょうどいい。

我が家の餃子は、鶏ひき肉と大葉とキャベツと生姜で作ることが多い。そこに今日は椎茸を加えることにした。餡を混ぜる役は相方。混ぜ上がった餡の匂いを嗅ぐと、それだけで美味しそうに思う。それを餃子の皮で包んいった。今日は大判を買っていたみたいで、いつもより大きい。どんな味になるのだろうか。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、まったり、瞑想、寝床の片付け、洗い物、パソコン作業、最初のごはん、映画鑑賞、洗い物、カフェタイム、パソコン作業。
午後 昼ごはん、まったり、サッカー観戦、パソコン作業、料理。
 晩ごはん、洗い物、歩いて移動、スーパーで買い物、歩いて移動、家着、洗い物、お風呂、ゲーム、睡眠。

最初のごはん 白ごはん、味噌汁 @盛岡の家
カフェタイム 珈琲 @盛岡の家
昼ごはん とんこつラーメン、白ごはん @盛岡の家
パソコン作業 赤ワイン @盛岡の家
晩ごはん 鶏餃子、きゅうりの浅漬け、ホワイトベルグ @盛岡の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-32
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/04/23〜2018/05/25
Next destination
東京都 – /TOKYO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。