とても贅沢でとても幸せなこと。【 旅LOG – 2018.03.05】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

別府で朝を迎え、別府で眠りについた1日。





2018/03/05(月)
雨水 ( うすい ) 二十四節気
草木萌動 ( そうもく めばえ いずる ) 七十二候 第六候


よかった。やっぱり雨が止んだ。今夜は洋三さんのアトリエに泊めてもらえることになっていて、荷物を運ぶタイミングをどうしようかなと考えていたところ。朝の時点での予報は雨。ゲストハウスに預けておいて、夕方車で送ってもらうのがいいのかな、なんて思っていたら、見事に晴れてくれた。ありがたい。

チェックアウトしてから、洋三さんのアトリエに向かう。濡れた街に光が差して、綺麗に世界が輝いていた。アトリエに向かう道の、最後の長い坂を登っていると、まるで温泉に入ってきたのか、というくらいの汗が噴き出してきた。暑い。ウインドブレーカーは着ていないのに。これだともう、初夏の気分だな。


*


きょうちゃんは人の中心で行き先を示し、その流れが出来るまで見守り、あとは任せて新しい行き先を見出す、そんな宿命のもとに生まれてきたのだと思う。しかも、そこにいるのは偏りのない、対極の存在が同居する世界。前向きな人と後ろ向きな人、積極的な人と消極的な人、そんな本来の世界を促している。

今日もたくさん笑いながらいろんな話をしてくれた。思い返せば14年前、とある講座で出逢ったのが最初のご縁。お互い、何をしているのかわからないまま、数年前に再会を果たす。そして今は、大分に来れば1度は逢える、そんなタイミングでお互い進んでいて。いつも急で申し訳ないけど、出逢えて嬉しい。


*


秋葉通りを下り、秋葉神社の角を下ると赤提灯が見えてくる。より道は別府に来るたびにお邪魔するお店のひとつ。今夜は坪水さんもお酒を飲むということで、現地集合になった。入口のドアを引き、お店の中に入る。今夜もより道は、いい感じに賑わっていた。そして、お兄さんに覚えていてもらえて嬉しい。

奥のカウンター席に座り、まずは麦焼酎の湯割りを注文した。鹿児島出身の坪水さんは芋の湯割り。ここは九州なんだな、と勝手に実感する。昨日ぶりの再会に乾杯をして、より道での時間を愉しませてもらう。地元の人と地元のものを食べながら、地元のお酒を飲む。それは、とても贅沢でとても幸せなこと。




目覚め 別府ゲストハウス。
就寝 藤田洋三写真事務所。

午前 睡眠、まったり、落書き、瞑想、寝床の片付け、荷詰め、歩いて移動、対話、歩いて移動、宿泊先着、対話、歩いて移動。
午後 フードコートでパソコン作業、待ち合わせ、車で移動、最初のごはん、車で移動、歩いて移動、カフェでお話、対話、歩いて移動、宿泊先着、対話、パソコン作業。
 歩いて移動、待ち合わせ、居酒屋で晩ごはん、歩いて移動、コンビニで買い物、歩いて移動、パソコン作業、睡眠。

最初のごはん ビビン温麺 @湖月 冷麺
カフェタイム 珈琲 @なかむら珈琲店
晩ごはん yufudake、りゅうきゅう、温泉豆腐、薄焼き、かま塩焼き、酔鯨、とり天、おりがらみ @より道


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-13
大分県別府市 – BEPPU/OITA/JAPAN –
2018/03/02〜2018/03/06
Next destination
東京都 – /TOKYO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。