歩くスピードで眺める街。【 旅LOG – 2018.03.06】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

別府で朝を迎え、船内で眠りについた1日。





2018/03/06(火)
啓蟄 ( けいちつ ) 二十四節気
蟄虫啓戸 ( すごもりのむし とをひらく ) 七十二候 第七候


昨夜、アトリエに戻ってきてからビールを飲んでいると、洋三さんの宝物たちに囲まれたこの空間が、キラキラと輝いているように思えた。そんな空間で眠り、小さめの窓から入り込む光で目を覚ました頃、洋三さんがコーヒーを届けてくれて、そのまま、ここにある宝物たちにまつわるお話を聴かせてもらった。

世間遺産、という想い。無邪気にまっすぐ想いを語られる姿はとても眩しくて、真の大人とはこういう人のことを言うのだと思った。成人はただの儀式で、無邪気な子供が頭でっかちな子供になる入口。本当の意味で大人になるのは、60才くらいではないだろうか。大切なことを大切にできる、そんな存在に。


*


8ヶ月ぶりに出逢ったきーちゃんは、とっても元気そう。顔立ちがはっきりとしていて、より美しく見えた。そんなきーちゃんと一緒に、浜脇をあてもなく歩く。天気はいい。風が少し冷たいけれど、今日は絶好の散歩日和。歩くスピードで眺めた街は、色んな情報を僕らに届けてくれるから。だから散歩が好き。

続いて、別府の街を散策した。ここ数年、別府の街をうろうろしながら教えてもらった雑多な世界に、きーちゃんを案内する。momo の前を通りかかると、ちょうど洋三さん達が居られた。せっかくだから中に入り、オススメのカレーをいただく。とても優しい味。世界にはこんなカレーもあるのか。新発見だ。


*


自分が望んだ東に向けての移動手段は、船での旅。船旅は時間の使い方が贅沢な気がして、機会を作っては選択している。さすが3月というべきか、学生らしき集団が多くとても賑やかだった。自分には経験したことのない世界。大切な思い出になるのだろうな。いつか、一人旅にも挑戦してもらいたいとも思う。

恒例の晩ごはんを食べ終えた後、そのままレストランでパソコン作業を始めた。とても濃かった久留米と博多と別府をふり返りながら、キーボードで言葉を綴っていった。ほんと、必要な体験を選び、必要な学びを持ってから、今こうして九州を離れているのだと思う。また次に出逢える日が愉しみで仕方がない。




目覚め 藤田洋三写真事務所。
就寝 さんふらわあ。

午前 睡眠、対話、落書き、パソコン作業、最初のごはん、パソコン作業、瞑想、荷詰め、歩いて移動、待ち合わせ、車で移動。
午後 浜脇散歩、車で移動、別府散歩、お店で昼ごはん、別府散歩、歩いて移動、お店でお話、歩いて移動、お店でお話、歩いて移動、フリースペースでパソコン作業、お話、歩いて移動、シェアオフィスでお話、歩いて移動、バスで移動。
 歩いて移動、フェリーで移動、晩ごはん、パソコン作業、睡眠、まったり、お風呂、おやつ、パソコン作業、読書、睡眠。

最初のごはん 白ごはん、味噌汁、干物、貝の缶詰 @藤田洋三写真事務所
昼ごはん チキンカレー @カレーや momo
晩ごはん バイキング @さんふらわあ
おやつ クロワッサン、ほろよい @さんふらわあ


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-14
船中泊 – /OITA/JAPAN –
2018/03/06〜2018/03/07
Next destination
東京都 – /TOKYO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。