終わりは必ずある。【 旅LOG – 2018.03.07】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

船内で朝を迎え、横浜で眠りについた1日。





2018/03/07(水)
啓蟄 ( けいちつ ) 二十四節気
蟄虫啓戸 ( すごもりのむし とをひらく ) 七十二候 第七候


本町で電車を降り、友人のお参りを終えた。2年経ったのか。早いのか遅いのかもわからないけど、同年代がこの世を去るという、自分たちもそんな年齢を迎えている。それがいつやってくるのかは、わからない。でも、必ずやってくるもの。生きているということは、いつの日か死を迎える。終わりは必ずある。

人が死ぬのは、人に忘れられた時。好きな漫画の中にそんなフレーズがあった。その友人のことを忘れることはないだろう。他にも、忘れることのない、先にこの世を卒業した友人たちがいる。寂しいことだけど、歓びもきっとある。自分の役割を生きたこと、死を迎えることで周りの人に問いを投げかけること。


*


自転車で駆けつけてくれたまみぃは、相変わらず元気だった。色んな人を受容しながら、自分自身を受容している最中なのだと思う。自己統合。今の僕らが生きる世界は、とにかくそこに向かうプロセスを歩んでいる。まみぃも自分もその最中で、そんな相手との対話は、時間と共にどんどん深度を深めていった。

まみぃもまた、人を輝かせる人なのだなぁ、と改めて思う。まみぃとの対話で自分への許可を出し、想いを解き放った人たちがすでにたくさんいて、そんな機会を通じて、対話を広めている仲間。こうやって仲間を増やしながら対話を広げ、対話の文化の礎を築いていこう。少しずつだけど、カタチになってきた。


*


ここだ。頭の中にある地図の通りに歩いて、お店の前に辿り着いた。去年の7月に馬車道あたりに滞在したことで、頭の中の地図は割と出来上がっているみたい。バックパックを背負ったままお店に入る。歌姫が店長をする海老専門店。あゆみさんは元気そうに、お客さんと話をしていた。こぢんまりとしたお店。

1階の立ち飲みスペースで飲んでいると、一人、また一人とお客さんが増えてきた。関係性のあるお店は愉しい。知らない人たちと話しながら、その場の時間を愉しむ。これは一人旅をしているからなのだろうか。いや、昔からずっと、知らない人たちとわいわい言いながら飲んできた。その時間がとても愉しい。




目覚め さんふさらわあ。
就寝 。

午前 睡眠、身支度、パソコン作業、荷詰め、大阪港着、歩いて移動、電車で移動、歩いて移動、墓参り、瞑想、歩いて移動、カフェで最初のごはん、パソコン作業、歩いて移動、電車で移動、西田辺駅着、歩いて移動、コンビニでパソコン作業、歩いて移動、待ち合わせ、歩いて移動、カフェで昼ごはん。
午後 カフェで昼ごはん、対話、歩いて移動、カフェで対話、歩いて移動、電車で移動、新幹線で移動、睡眠、パソコン作業。
 新横浜駅着、電車で移動、桜木町駅着、歩いて移動、居酒屋で飲み時間、歩いて移動、バーでバータイム、歩いて移動、ファミレスでパソコン作業、歩いて移動。

最初のごはん エスプレッソダブル、クロックマダム @public
カフェタイム 日替わりランチ @Café La Possa
晩ごはん 生ビール、シュリンプ、ピクルス @海老串焼き専門店ルチャ
バータイム フェイマスグラウスのソーダ割り @Smily Smile
晩ごはん ドリンクバー、山盛りポテトフライ @ガスト 伊勢佐木町店


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-15
神奈川県横浜市 – YOKOHAMA/KANAGAWA/JAPAN –
2018/03/07〜2018/03/08
Next destination
神奈川県鎌倉市 – KAMAKURA/KANAGAWA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。