眩しいくらいにキラキラ。【 旅LOG – 2018.02.20】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/02/20(火)
雨水 ( うすい ) 二十四節気
土脉潤起 ( つちのしょう うるおいおこる ) 七十二候 第四候


やはり昨日は遅くなったけど、今日の目覚めはとてもいい。お酒を飲むときにお水を飲むこと、それが効いたのだと思う。あとここ数日、身体を休めることに時間を使ったし、その成果が出たようで嬉しい。すっきりとした朝の時間。でも、思考的にはモヤモヤしている部分もある。愉しみながらではあるけれど。

今日は言葉にしたいことがある。自分は誰に何を届けているのか、それを言葉にしたい。盛岡で下書きを始めてからずっと書いては書き直しの繰り返しで、自分の中のピンとくる言葉を見つけたい。そう思いながら本を取り、こたつに座った。GIANT KILLING。大好きな漫画のひとつ。何かヒントをもらいたい。


*


整えること。今回の竹原でのテーマを今日も意識し続けた。首枕に首をのせて横になり、グリグリとマッサージをする。気持ちいい。肩甲骨周りと首がいつも、ほぐしたいしほぐされたい場所。時折、専門家にほぐしてもらいながら、普段は自分がほぐし、整えていくのが理想。バランスを整えるプロセスとして。

そのまま目をつぶり、自分に問いかけた。自分は誰に何を届けているのか。結果としては眠ってしまったのだけど、浅い眠りの中でそれを表す言葉がいくつか浮かんできた。魂が歓ぶ、というフレーズが特に印象に残っている。それと、眩しいくらいにキラキラしたイメージも。さて、どう言葉にしていこうか。


*


すりおろした山芋入りの寄せ鍋、それが今夜の晩ごはんだった。ビールを飲みながら、熱々の具と汁を器に取り、ハフハフと熱いまま食べる。美味しいし、身体がとても温まる。山芋をすりおろして寄せ鍋入れるのは、昨日のテレビで見たらしい。テレビを見ない自分には、得ることができない情報。ありがたい。

明日には家を出て福岡へ。次にこうして3人でご飯を食べられる機会はいつになるのか。もしかしたら今回が最後になるのかもしれない。だから、この瞬間を大切に。とは言っても、旅立ちから何日か過ぎるとつい忘れてしまう。だから、定期的に旅立ちが必要なのかもしれない。終わりが気づきを与えてくれる。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、読書、最初のごはん、読書。
午後 読書、昼ごはん、読書、まったり、睡眠、読書、瞑想、読書、パソコン作業。
 パソコン作業、晩ごはん、お風呂、読書、パソコン作業、電話で対話、ゲーム、睡眠。

最初のごはん トマトパスタ @竹原の家
昼ごはん 3分づきごはん、生姜の佃煮、煮物 @竹原の家
晩ごはん スーパードライ、寄せ鍋、3分づきごはん @竹原の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-10
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/02/16〜2018/02/21
Next destination
福岡県久留米市 – KURUME/FUKUOKA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。