今夜のミステリーツアー。【 旅LOG – 2018.02.21】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、久留米で眠りについた1日。





2018/02/21(水)
雨水 ( うすい ) 二十四節気
土脉潤起 ( つちのしょう うるおいおこる ) 七十二候 第四候


博多バスターミナルに向かうバスの中で、母が作ってくれたおにぎりを食べる。うちのお米は3分づき。白米より少し黄色くて、少し硬い感じがする。そのお米をゆっくり噛みながら、窓の外の景色を眺めた。いつの間にかバスは広島県を出て、山口県を走っているみたい。気分的に、ワープしたように思えた。

移動をする、ということでいつも、自分が抱えてしまった何かを落としている感覚がある。人と接する中で、自分が勝手に創り出したストーリーに沿って、色んなものを抱えてしまう。それによって気が枯れ、禊が必要になってくる。それを、移動という行為が行ってくれている気がする。多分、ではあるけれど。


*


いつもの公園が見えてきた。あの角を曲がるとすぐに、コミュニティボックスの看板が見えてくる。ここにお邪魔するようになって何年になるのだろう。シングルマザーとアクティブシニアのシェアハウス。この空間と関係性の必要性に時代がやっと追いついてきて、これから陽の目を見るであろう施設。愉しみ。

敷地に入ると高校卒業を目前に控えた次男さんが自転車の修理をしていた。挨拶をして建物に入る。中で平山さんが、おかえりなさい、と出迎えてくれた。そう、帰ってきた感覚。自分はこんな感じで帰る場所がたくさんある。とてもありがたいこと。そんな大切な場所に、福を運び続けられる自分で在り続ける。


*


荷物を片付けると早速、久留米の街中に向かって歩いていた。最寄りのバス停にバスが来る時間まではあと10分少々。それなら次のバス停まで歩いてみようと、帰路に就いている車がたくさん並ぶ道の横を早足で歩く。歩くのは気持ちいい。その結果、バスに追い越されることなく、街中に辿り着くことになる。

カタチの森に辿り着くと懐かしい姿が見える。いつも通りの木村さんの姿がそこに。19時までに辿り着けてよかった。木村さんにも、おかえりなさい、と迎えてもらい、アキームを紹介してもらう。尾道から久留米に来た、噂の彼。いい出逢いをまたもらえた。そして、今夜のミステリーツアーがスタートする。




目覚め 竹原の家。
就寝 コミュニティボックス

午前 睡眠、まったり、寝床の片付け、瞑想、落書き、パソコン作業、荷詰め、片付け、身支度、最初のごはん、まったり、歩いて移動、バスで移動、調べもの、睡眠、広島バスセンター着、アナログ作業、読書、バスで移動、読書。
午後 昼ごはん、調べもの、休憩、睡眠、まったり、休憩、パソコン作業、、博多バスセンター着、歩いて移動、電車で移動、読書、久留米駅着、電車で移動、久留米高校前駅着、歩いて移動、宿泊先着、カフェタイム。
 片付け、身支度、歩いて移動、コンビニで買い物、歩いて移動、待ち合わせ、談笑、歩いて移動、酒場で飲み時間、歩いて移動、お店で飲み時間、歩いて移動、お店で飲み時間、収録、飲み時間、自転車で移動、歩いて移動、宿泊先着、睡眠。

最初のごはん 3分づきごはん、味噌汁、寄せ鍋 @竹原の家
昼ごはん おにぎり @車内
飲み時間 スーパードライ、ビッシュ、、鶏皮、豚バラ、ぎんなん @かけだおれ
飲み時間 キリンラガー、餃子 @五十番
飲み時間 芋の湯割り、突き出し、芋のロック、オイルサーディン @農と音


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-11
福岡県久留米市 – KURUME/FUKUOKA/JAPAN –
2018/02/21〜2018/02/27
Next destination
福岡県福岡市 – FUKUOKA/FUKUOKA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。