音、心根、エネルギー、バランス。【 旅LOG – 2018.02.22】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

久留米で朝を迎え、久留米で眠りについた1日。





2018/02/22(木)
雨水 ( うすい ) 二十四節気
土脉潤起 ( つちのしょう うるおいおこる ) 七十二候 第四候


昨日は、久留米初日から濃い時間を過ごした。そして朝早くに眠った。奇跡的に3時間ほどで目覚め、朝ごはんをいただき、頭が眠ったままお風呂に入り、また布団に横になった。今はとにかく、しっかり睡眠をとること。たとえ起きるのが夜になったとしても、身体のバランスを整えておきたい。すごく眠いし。

自分が特別な人間とは思ってはいない。でも、唯一無二の存在であることは知っている。音、心根、エネルギー、バランス。何かをするわけではなく、そこに居るだけで役割を果たせる自分であること。そのための準備、自分を整えることが自分の1番の仕事。自分を生きることでまわりを促すための大切な準備。


*


まだ眠れる。でもそろそろ起き上がって、これ以上の睡眠は夜にとっておこうと思った。顔を洗い、服を着替える。散歩がてら最寄りのコンビニとスーパーに行ってみようと思って。花園団地の間を通り、南に向かう。暮らしやすそう、自然にそう思えた。ここにも拠点か基地が欲しい。相方と子を連れて来よう。

ローカルなスーパーの中を歩くのはとても愉しい。旅先では、観光地よりも興味がある。ここには街の暮らしが詰まっていて、買い物をしている人や店員さんの雰囲気を伺いながら、ケースや棚に並ぶ商品を眺めた。中でも、味噌や醤油、日本酒や焼酎などをゆっくりと眺める。何か物語は転がってないだろうか。


*


旅の記録の下書きを書き終え、パソコンの電源を閉じた。夕方近くまで眠ってはいたけど、今夜は早めに眠ろうと思う。時間は22時半になる頃。昨日の就寝時間と比べると、8時間も早く眠りにつくことになる。きっとこれで、元のテンポに戻るだろう。眠る準備を整えると、電気を消して布団に横になった。

目が段々と暗闇に慣れてきた頃、散歩中に気づいたことが頭に浮かんだ。対極を同居させること。つい、どちらかを選んでしまう自分がいる。それは前の時代の習慣であり、こだわりではなく自分の執着。どちらか、ではなく、どちらもあるのが今の時代のスタンダード。おかげでまた、霧が晴れてすっきりした。




目覚め コミュニティボックス
就寝 コミュニティボックス

午前 睡眠、最初のごはん、お風呂、睡眠。
午後 睡眠、身支度、読書、歩いて移動、コンビニで立ち読み、歩いて移動、スーパーで買い物、歩いて移動、宿泊先着、昼ごはん、読書。
 読書、パソコン作業、晩ごはん、まったり、お風呂、パソコン作業、読書、睡眠。

最初のごはん 白ごはん、味噌汁、目玉焼き、ベーコンとホーレン草の炒め物、かぼちゃの煮物、漬物 @コミュニティボックス
昼ごはん 巻き寿司、ちゃんぽん @コミュニティボックス
晩ごはん 白ごはん、クリームシチュー、オクラポン酢、サラダ @コミュニティボックス


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-11
福岡県久留米市 – KURUME/FUKUOKA/JAPAN –
2018/02/21〜2018/02/27
Next destination
福岡県福岡市 – FUKUOKA/FUKUOKA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。