最初の注文はもう決まっている。【 旅LOG – 2018.02.19】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/02/19(月)
雨水 ( うすい ) 二十四節気
土脉潤起 ( つちのしょう うるおいおこる ) 七十二候 第四候


最初はとん吉まで歩こうかと思っていたのだけれど、タイミングがよければバスに乗るのもありだなと思いながら家を出た。町並み保存地区を通り、道の駅を過ぎたところのバス停で時刻表を見ると、あと2分でバスがやってくるみたい。それならば乗って行こうと立ち止まり、バスが来るのを一人で待っていた。

バス停に停まったのは、少し小さめのバス。乗り込むと、意外に人が乗っている。僕以外は6人だけど。線路を乗り越える陸橋を渡り、フェリー乗り場まで短い時間、味わうことのないバスでの移動を体験してみた。とても新鮮で、小さな旅をした気分。これも愉しいな。さて、とん吉で美味しくご飯を食べよう。


*


竹原の夜の時間は車通りも少なく、とても静か。新町の交差点も同じく、信号の光だけが静かに動いていた。角を曲がると明かりが見える。今夜は開いているみたい。小さな交差点の角にある、新しい建物の角にその入口がある。BAR Roberta。先月来た時は残念ながらお休みで、確かそのまま駅前に向かった。

宴会の二次会だろうか。スーツを着た男性陣が、テーブル席で賑やかに話をしている。まだ誰もいないカウンターに座り、ひと息ついた。最初の注文はもう決まっている。歩きながら頭に浮かんでいたモスコミュールを注文した。最近は酒場で飲む機会が多いけど、実はバー好き。また違った大人の時間を愉しむ。


*


本日2回目のヒロハウスに辿り着いた。その直後、西山もやって来た。まるで一緒に飲んでいたかのようなタイミング。夕方に連絡したら、急ではあったけど飲むことになった。さて、何を飲もうか。カウンターのいつもの席に座り、飲み物を考える。昼に日本酒、夕方にビール、さっきはカクテルとウィスキー。

悩んでいると、えっちゃんがなみちゃんと一緒に戻ってきた。お店の中が少し賑やかになる。とりあえずハートランドに決めて、1ヶ月ぶりの再会を乾杯した。かいとは今回、連絡がつかず。きっとそういうタイミングなのだと思う。今回、夜は静かにしていたから、だから今夜は。人と重ねる、とてもいい時間。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、落書き、パソコン作業、寝床の片付け、瞑想、最初のごはん、読書、パソコン作業。
午後 パソコン作業、身支度、歩いて移動、バスで移動、歩いて移動、お店で昼ごはん、歩いて移動、神社にお参り、歩いて移動、喫茶店でパソコン作業、カフェタイム、歩いて移動、家着、パソコン作業。
 晩ごはん、お風呂、寝床の準備、パソコン作業、身支度、歩いて移動、バーでバータイム、歩いて移動、喫茶店で宴、自転車で移動、家着、夜食、睡眠。

最初のごはん 3分づきごはん、豚汁、手羽元のさっぱり煮 @竹原の家
昼ごはん 雑穀米、豚汁、鶏の唐揚げの甘酢あん、肉豆腐、酢漬けと山芋の和え物、漬物、コーヒー、竹鶴小笹屋 @美食酒家とん吉
喫茶店でパソコン作業 珈琲 @ヒロハウス
カフェタイム ハートランド @ヒロハウス
晩ごはん トマトパスタ、ほうれん草の胡麻和え、ブロッコリー @竹原の家
バータイム モスコミュール、ミックスナッツ、ローストポーク、オクトモア、ククノチ、ラフロイグ フォーオーク @BAR Roberta
 ハートランド、ピザ、肉じゃが、柿の種、赤ワイン、芋焼酎 @ヒロハウス
夜食 お好み焼き 肉玉うどん @竹原の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-10
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/02/16〜2018/02/21
Next destination
福岡県久留米市 – KURUME/FUKUOKA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


僕はこの5年で 1,500 泊以上、旅をしながら暮らすことに時間を費やしました。

その体験は唯一無二のもので、そこから得た大切なことを活かした僕との旅や対話の時間は、自分を生きることを望んでいる人にとって、とても価値があります。

そんな僕との対話の時間を通じて、自分を整えたり、自分と仲直りしたり、自分の未来を描いてください。

対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ 夫婦とは、どうあるべきなのか。
◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 世界はこうしてうまく回る。【 旅LOG – 2018.04.01】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。