ぐるっと巡って。【 旅LOG – 2018.01.03】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/01/03(水)
冬至 ( とうじ ) 二十四節気
雪下出麦 ( ゆき わたりて むぎ のびる ) 七十二候 第六十六候


家のお雑煮を久しぶりに食べた。母は以前のものとはだいぶ違う、とは言っていたけれど、母方の祖母の実家の流れのお雑煮が、自分がずっと食べてきたお雑煮。ここ数年、正月を竹原で迎えることがなかったから、食べる機会もなくて。まさに原点回帰な、新年3日目の朝だった。そして、お腹いっぱいになる。

朝ごはんからワイワイと父と母と話をしてから、のんびりした時間を過ごした。またこんなに話せるようになったのは去年から。この40年間の中で、そうだった時間もあれば、そうじゃなかった時間もある。そんな時間が積み重なって、改めてのこの時間。ぐるっと巡ってチャラになった、今年はそんな年明け。


✳︎


カメラと財布だけを持って外に出た。雲は多いけど、空がとても明るく見える。この後は、20年ぶりくらいに逢う同級生と駅で待ち合わせ。ちょっと緊張しつつ、駅までの道を歩いていった。嬉しかったことや悲しかったこと、恥ずかしかったことや楽しかったこと。歩いていると色んなことが頭の中を巡る。

元カノという存在だから余計なのかもしれない。同窓会のおかげでこうやって、中学生の頃の忘れていた自分を思い出す機会をもらえた。いや、見ないようにしていた自分を見つめる機会かも。思い出が1番多い地元の町を歩きながら、場所に宿る記憶をどんどん拾い上げた。懐かしい。ただ、やっぱり緊張する。


✳︎


大きな3つのテーブルを囲んでいた輪がだんだんと混じるようになった。中学校の同窓会は20年弱ぶりになるのだろうか。男性陣はこの前の神輿の流れで再会はしているけど、みんなすっかり大人になっていて、卒業以後の25年の年月を感じる。でも変わってない部分も多くて、それはそれで嬉しく思えた。

話している中で変なオブラートがなくて、だから関わりやすいのかな。同級生という腐れ縁は時に大変なこともあるけれど、妙に心地のいい何かを与えてくれる気がした。昔はこの中で孤独を感じていたけれど、その感覚はもうなくなったし。だから余計に、みんなが愉しそうに話している姿を見るのが嬉しい。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、最初のごはん、まったり、ゲーム、寝床の片付け、動画鑑賞、パソコン作業。
午後 パソコン作業、昼ごはん、パソコン作業、瞑想、歩いて移動、待ち合わせ、喫茶店でカフェタイム、タクシーで移動、ホテルで同窓会。
 マイクロバスで移動、スナックで2次会、歩いて移動、3次会、車で移動、ファミレスで打ち上げ、車で移動、コンビニで買い物、車で移動、家着、2人で家飲み、見送り、睡眠。

最初のごはん おせち、お雑煮、誠鏡 @竹原の家
カフェタイム ハートランド @ヒロハウス
同窓会 瓶ビール、オードブル、芋焼酎の水割り @大広苑
2次会 焼酎の水割り @かぐや姫
3次会 ハイボール @太郎茶屋 鎌倉 竹原店
打ち上げ 赤ワイン、山盛りフライドポテト @ガスト 竹原店
家飲み 赤ワイン、お菓子 @竹原の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-02
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/01/02〜2018/01/18
Next destination
兵庫県神戸市 – KOBE/HYOGO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。