共通の記憶。【 旅LOG – 2018.01.02】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

岡山で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/01/02(火)
冬至 ( とうじ ) 二十四節気
雪下出麦 ( ゆき わたりて むぎ のびる ) 七十二候 第六十六候


目を覚ますと部屋がほんのり明るくなっていた。やはり1泊目の宿での目覚めは早い。どうせそうなら朝日を感じながら起きようと、レースのカーテンだけにして昨夜は眠りについた。どちらの家も眠る場所は遮光されていないから、その方が慣れているし、何より好きだったりする。さぁ、今日も朝を迎えよう。

カーテンを開け、窓からの景色を眺めた。南向きの窓ではあるけど、目の前には何の障害物もなく街が見渡せる。その景色を少し眺めていると、左側にあるビルの向こうの空が少し赤くなってきた。昨日の初日の出の時間はぐっすりと眠っていたから、今年眺める最初の朝焼け。きれいな空。また今日が始まる。


✳︎


蟹座の満月は、三原に向かう電車の中で迎えることになった。倉敷で人が降りてからは、2人掛けの席にゆったりと座って過ごしていた。どんな自分でこの時を迎えているのだろう。自分のことは自分が1番わかるけど、自分のことは自分が1番わからない。前の新月から今日まで、何を育んできたのだろうか。

原点回帰。今回の満月はそんなテーマが目にとまった。ちょうどこうして竹原に戻る自分は、久しぶりに正月を地元で過ごすことになる。明日には久しぶりの同級生にも逢う。それも原点回帰の一つに思えるし、きっと何かを思い出すのだろうな。すっかり忘れてしまっていた何か、それを思い出すのだと思う。


✳︎


父と母と3人での晩ごはん。熱燗で乾杯をして、テーブルに並んだおせちを食べる。家でおせちを食べるのは、いつぶりなのだろうか。11月以来の二人が元気そうで何より。いつも通りの時間を共に過ごして、また共通の記憶を増やすことになった。そんな風に地元は、人との共通の記憶の多い場所だと思う。

正月とは何なのか、今年の年越しはそんな問いが何度も頭を巡る。そのおかげで、何を祝う日なのか、それぞれにどんな意味があるのか、そんなことを調べてみたいと思った。ハレの日とケの日、その部分についても調べていきたい。そして、それを今に活かしながら大切なことを次に伝えていきたい、そう思う。




目覚め ヴィアイン岡山。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、落書き、お風呂、落書き、パソコン作業、身支度、荷詰め、チェックアウト、歩いて移動、電車で移動、読書、ゲーム、読書、三原駅着、歩いて移動。
午後 最初のごはん、歩いて移動、電車で移動、読書、竹原駅着、歩いて移動、喫茶店でカフェタイム、歩いて移動、家着、まったり、掃除、ゲーム、パソコン作業、睡眠。
 パソコン作業、晩ごはん、動画鑑賞、お風呂、寝床の準備、動画鑑賞、パソコン作業、ゲーム、睡眠。

最初のごはん 赤玉パンチ、唐揚げ定食 @大阪屋台居酒屋 満マル 三原店
カフェタイム ハートランド @ヒロハウス
晩ごはん おせち、すき焼き、久保田、エビスビール @竹原の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-02
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/01/02〜2018/01/18
Next destination
兵庫県神戸市 – KOBE/HYOGO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。