真っ直ぐな音。【 旅LOG – 2018.01.04】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/01/04(木)
冬至 ( とうじ ) 二十四節気
雪下出麦 ( ゆき わたりて むぎ のびる ) 七十二候 第六十六候


うっすらと意識が目覚めに向かっている時に、父の声が聞こえてきた。寝ぼけながら頭を働かせ言葉を理解すると、いとこ達が来たみたい。いつぶりだろう、いとこ達に逢うのは。起き上がり、まずは顔を洗いに行った。眠い。お酒も残っている感じ。もう昼を回った頃なのに、昨夜はそんなに飲んだのだろうか。

そうか、昼ごはん以後、ほとんど食べてない。それでこんなにお酒が残っているのかも。そんなことを思いながら階段を下りる。離れに入ると元気そうな男の子たちがいて、割と長い年月逢っていないことを実感した。確か、最後に逢った時にはまだ旦那と二人だったはず。どうやら、時が経つのは早いみたい。


✳︎


息子達が家にやって来た。長男は制服のままで、遅れてやって来た次男は私服で。自分も含めた3人はもう、そんなに身長が変わらない。だから、部屋にある正方形のこたつを囲んで座ると、6畳の畳と4畳の板間の部屋の密度が一気に変わった気がした。人が居る、ということはそういうことなのかもしれない。

今日は父は出かけているので、母と4人で晩ごはんを食べる。マイペースにおかずを食べ続ける長男と、相変わらず野菜が嫌いで見事なくらいの偏食な次男。こうやって家の中に個性があることで、関係性のバランスが保たれているのだろうな。バランサーの長男と負けず嫌いの次男。心のままに生きて欲しい。


✳︎


昨日言われた言葉が頭を巡る。面と向かって言われるのは何の問題もない。それに、真っ直ぐな音だから気持ちが良いくらい。もう自分の中で折り合いがついたことだから、腹が立つわけでもないし、落ち込むこともない。その人からはそう見えている、ということだから、逆に詳しく話を聴いてみたいくらい。

それなのに頭を巡る。それがどうしてなのかわからなくて。今の自分はどうしたいのだろう。きちんと説明して、わかって欲しいのだろうか。それよりは、どうしてそう思うのかを理解したい。真っ直ぐな音を真っ直ぐに受け取りたい、それだけかも。そんな音を届けてくれる人こそ、自分は大切な友達と思える。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠。
午後 睡眠、身支度、まったり、子供と神経衰弱、子供とビンゴ、最初のごはん、睡眠。
 寝床の片付け、ゲーム、動画鑑賞、晩ごはん、トランプ大会、動画鑑賞、読書、ゲーム、睡眠。

最初のごはん 三分づきごはん、寄せ鍋 @竹原の家
晩ごはん 三分づきごはん、鶏の唐揚げ、じゃが芋とベーコンの炒め物、野菜のかき揚げ、高野豆腐の卵とじ、鶏ハム @竹原の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-02
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/01/02〜2018/01/18
Next destination
兵庫県神戸市 – KOBE/HYOGO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。