今年というか、この先やっていきたいこと。




– COBAKENのひとりごと –


今年というか、この先やっていきたいことがあります。







それは、矛盾の幅を広げること、です。

ただ、こんな投稿をしておきながら実は、それがどういうことなのか自分でもまだ、よくわかっていないのですが。




旅する暮らしを始めた頃、旅先で対話をしていて、世界のすべてを受け止める、というテーマを掲げました。

でも、旅を重ねているうちに、受け止めることはテクニックでカバーできることなのだと気づいて、世界のすべてを受け容れる、に変えたのです。


そうは言ったものの、どうしていいのかわからなくて。

そこで、自分の思考のすべてをそのまま統合せずに受け容れることにしました。

例えば、みんなでやった方がいい、と思う自分と、自分だけでやりたい、と思う自分をそのまま、受け容れることにしたのです。


1ヶ月くらい、わけがわからなくて、愉しく悶え苦しみました。

その後は、多様な自分と少し仲良くなって、楽しく旅を続けましたとさ。




そんなことを思い出し、今年からまた自分の中にある矛盾の幅を広げて、自分の内側の感覚というか器というか、そんなものをバーンと広げていこう、という試みです。


例えば、

・たとえお金をもらえないとしても自分がやりたいと思えることをやること。でもプロとしてきちんと対価を受け取ること。

・自分の中につくられたリミッターを解除して、自分が受け取ったものや見えたものをそのまま表現すること。でも、誰にでもわかる表現で伝えること。

・お金や物など目に見えるものを巡らせることをしっかりと意識すること。でも、目に見えないものをより大切にすること。

こんな感じで。




どんな風になるかはやってみないとわからないので、とりあえず実行してみます。

そして、こんな世界に向かってみます。

それが僕が想う地域教育であり、その地域教育が目指す姿です。






この投稿を読んだ人は、こちらも読んでみてください。

新年のごあいさつ。【 COBAKENのひとりごと 】






– Follow Me –
Twitter / Facebook / Instagram


僕はこの5年で 1,500 泊以上、旅をしながら暮らすことに時間を費やしました。

その体験は唯一無二のもので、そこから得た大切なことを活かした僕との旅や対話の時間は、自分を生きることを望んでいる人にとって、とても価値があるものです。

そんな僕との対話の時間を通じて、自分を整えたり、自分と仲直りしたり、自分の未来を描いてください。

対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

夫婦とは、どうあるべきなのか。
http://cobaken.net/monologue/10081
子育てという、共に成長し合う時間。
http://cobaken.net/monologue/11357
また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。
http://cobaken.net/monologue/9765


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの一覧
旅する暮らしで提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学びの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。