新年のごあいさつ。【 COBAKENのひとりごと 】




– COBAKENのひとりごと –


新年、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。







今年のテーマ、といいますか40才の自分のテーマは「 見守る 」です。


自分の想いも人の想いも、地球の想いも時代の想いも、みんな見守ることです。

一歩一歩「 今 」に向き合い、この時を大切に味わい愉しむことを続けようと思っています。


「 見守る 」1年を経て、僕が向かう先は変わらず、本人が望めば、本当にやりたいことをやれる環境を広げること。

詳しくは、先日の投稿に書いてあります。

それが僕が想う地域教育であり、その地域教育が目指す姿です。【 COBAKENのひとりごと 】




そんな2018年にやりたいことを思いつきで書き出してみると、

・ポストカードを作り、販売すること
・ブログやDのこと。を文庫化すること
・D-LABO を任意団体にすること
・COSMOPOLITANS をNPO法人にすること
・POLITANS BASE TOKYO を祖師ヶ谷大蔵につくること

など、カタチにしていくことが多いな、と感じました。

旅する暮らし6年目は、カタチにしていくことの始まりの年になりそうですね。


2018年にやりたいことには、こんなことも書いていました。

・12回以上、FM・AMラジオに出演すること
・12回以上、講演会や DIALOG LIVE などのトークイベントで体験を伝えること
・旅先での写真を撮ってもらうこと
・対話をしている時の写真を撮ってもらうこと
・竹原で、DIALOG LIVE もしくは ボクノオトワタシノオトを開催すること
・ポッドキャストなど、音声の配信を始めること
・対話の記事を発信するページを作り、発信していくこと
・自分のやっていることを真似して実際に行動するリアルなフォロワーを100人以上つくること

どうやら、表に出ること増えてくるみたいです。


その過程で、目立つことと輝くことの違いを実感できるといいなと思っています。

自分も輝き、まわりの人も輝く、そんな人生をこれからも歩んでいくためにも。




ということで、2018年もよろしくお願い致します。




追伸

ますます対話が必要になる2018年に向けて、COBAKEN の福袋を準備しました。

福袋 その1 」

↑ その1の詳細・申込はこちらから

福袋 その2 」

↑ その2の詳細・申込はこちらから

福袋 その3 」

↑ その3の詳細・申込はこちらから

販売期間 2017/12/31(日) ~ 2018/01/13(土) 24:00 まで



– Follow Me –
Twitter / Facebook / Instagram


僕はこの5年で 1,500 泊以上、旅をしながら暮らすことに時間を費やしました。

その体験は唯一無二のもので、そこから得た大切なことを活かした僕との旅や対話の時間は、自分を生きることを望んでいる人にとって、とても価値があるものです。

そんな僕との対話の時間を通じて、自分を整えたり、自分と仲直りしたり、自分の未来を描いてください。

対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

夫婦とは、どうあるべきなのか。
http://cobaken.net/monologue/10081
子育てという、共に成長し合う時間。
http://cobaken.net/monologue/11357
また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。
http://cobaken.net/monologue/9765


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの一覧
旅する暮らしで提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学びの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。