COBAKEN の福袋、その1。【COBAKENからのお知らせ】




※ 福袋の販売は終了いたしました。


– COBAKENからのお知らせ –


ますます対話が必要になる2018年に向けて、COBAKEN の福袋を準備しました。







福袋その1の内容は、電話でダイアログ 5回セット、です。

通常、75,000円 ( 15,000円×5回 ) 相当を 39,000円 ( 7,800円 / 回 ) にて販売します。

※ 電話でダイアログは成果報酬で行うことが多いのですが、金額を決めての契約の場合は、15,000円 / 45分 ( 初回、電話PASS 料金込 ) で承っています。
※ 2018年1月より、電話でダイアログのセット販売を開始します。3回セット 40,000円、4回セット 50,000円、対話し放題 200,000円 / 月の予定です。

販売期間は、2017/12/31(日) ~ 2018/01/13(土) 24:00 まで
※ 福袋の販売は終了いたしました。

販売数は、8セット です。

※ 利用期限はありません。
※ お一人様1セットまで
※ 銀行振込、もしくは直接支払いでお願いします。( 申込より7日間以内を目安に )
※ 電話 PASS の代金も含みます。
※ 電話でダイアログのタイミングは、対話の時間のカレンダーの空いている時間帯から選び、時間を調整しながら行います。
※ 権利を第3者に譲渡することも可能です。




例えば、モチベーションを上げたい時、モヤモヤしてはいるけど前に進みたい時、自分を整えたい時、など、自分をリフレッシュしたい時に、タイミングを合わせて 45 分の電話での対話を行うとか。

もしくは、3〜5回の連続性を持って、自分自身の欲求のズレの調整をしながら自分本来のバランスを戻すために、毎週や半月、1ヶ月ごとに 45 分の電話での対話を行うとか。

あと、プロジェクトや事業を進める上で、リーダーのクリエイティブな対話の相手として必要な時に、タイミングを合わせて 45 分の電話での対話を行うとか。

それと、2人以上で共同購入して、必要な分だけ分け合うとか。


使い方はいろいろあります。

もしかしたらいつか、転売を求める人も出てくるのかもしれませんしね。

その他、いろいろと使い方を考えて、ぜひ教えてください。


福袋 」電話でダイアログ 5回セット



以上、COBAKEN からのお知らせ でした。




この投稿を読んだ人は、こちらも読んでみてください。

人間関係を良くするための対話。【 COBAKENのひとりごと 】






– Follow Me –
Twitter / Facebook / Instagram


僕はこの5年で 1,500 泊以上、旅をしながら暮らすことに時間を費やしました。

その体験は唯一無二のもので、そこから得た大切なことを活かした僕との旅や対話の時間は、自分を生きることを望んでいる人にとって、とても価値があるものです。

そんな僕との対話の時間を通じて、自分を整えたり、自分と仲直りしたり、自分の未来を描いてください。

対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

夫婦とは、どうあるべきなのか。
http://cobaken.net/monologue/10081
子育てという、共に成長し合う時間。
http://cobaken.net/monologue/11357
また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。
http://cobaken.net/monologue/9765


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの一覧
旅する暮らしで提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学びの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。