1/21(日) に神戸で対話入門ワークショップを開催します。




– D-LABOからのお知らせ –


母親であったり、先生であったり、リーダーであったり、そんな、自分も人も輝かせながら生きている人、もしくは、自分も人も輝かせながら生きたい人、に参加していただきたい、そんなワークショップを開催します。





D-LABO 対話入門ワークショップ @神戸
1/21(日) 11:00~16:00
このイベントの申し込みは終了しました。


D-LABO では、対話を通じて対話の時代の生き方を愉しく学び合う活動を続けています。

それは、個人がより納得感のある、自分らしい幸せな人生を送るためであり、2027 年までに対話の時代における、対話の文化の礎を築くこと、そんな未来に向かっての活動でもあります。


そんな D-LABO の今年からの新しい取り組みの一つとして、対話入門ワークショップを開催していくことに決まりました。そのワークショップの参加人数を少なくしたトライアルを 1/21(日) に神戸で開催します。




対話とは、目の前の人が体験した、自分とは違う人生、自分とは違う世界を教えてもらうこと、であり、 目の前の相手からすれば、自分の人生や自分の世界で体験してきたことを伝えること、でもあります。

そして、その時間を通じて、自分をより知り、気づきや手段を得たりするものです。


そんな対話を暮らしに取り入れて、より納得感のある、自分らしい幸せな毎日を過ごしていきましょう。




D-LABO 対話入門ワークショップ @神戸

日 時 1/21(日) 11:00~16:00
場 所 JR兵庫駅 徒歩1分 ( 申込後にご連絡します )
講 師 小林 豊・西下 圭一 ( リンク先にプロフィールがあります )
定 員 8名 ( 定員になり次第締め切ります )
参加費 一般 8,000円 ( 1,500円程度のランチ代込 )
    D-LABO メンバー 5,000円 ( 1,500円程度のランチ代込 )

※ 参加費は、当日終了後、もしくは後日振込にてお支払いください。
※ もし、参加費を支払うに値しない場であれば、お支払い頂かなくても大丈夫です。
※ 今回は、トライアル開催として人数を少なめにして開催します。

詳細、お申込はこちらから
このイベントの申し込みは終了しました。


以上、D-LABO からのお知らせ でした。




この投稿を読まれた人は、こちらも読んでみてください。

パートナーシップに必要なもの。

素の自分のままでいられる、そんな毎日を過ごすためのメッセージ。






– Follow Me –
Twitter / Facebook / Instagram


僕はこの5年で 1,500 泊以上、旅をしながら暮らすことに時間を費やしました。

その体験は唯一無二のもので、そこから得た大切なことを活かした僕との旅や対話の時間は、自分を生きることを望んでいる人にとって、とても価値があるものです。

そんな僕との対話の時間を通じて、自分を整えたり、自分と仲直りしたり、自分の未来を描いてください。

対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

夫婦とは、どうあるべきなのか。
http://cobaken.net/monologue/10081
子育てという、共に成長し合う時間。
http://cobaken.net/monologue/11357
また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。
http://cobaken.net/monologue/9765


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの一覧
旅する暮らしで提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学びの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。