パートナーシップに必要なもの。




– COBAKENのひとりごと –


大切なパートナーと、より良い素敵な関係を築きたい人に届けたい、今回はそんな投稿です。





昨年投稿した、こんな投稿があります。

夫婦とは、どうあるべきなのか。




この投稿は、対話している時に質問してもらえたことがきっかけなのですが、旅先で対話をする中で人間関係の話をすることが増えているというか、そのほとんどがそうです。身近な人との関係をより良くすることで、自分自身との関係をより良くする、そんな内容の対話がとても多いです。

その中でも、パートナーシップの話をする機会はとても多くて、夫婦間の関係性に関する問いで対話のセッションを行う機会が最多ですね。離婚したいけど生きていけるか不安、という相談も割とありますが、ざっくり言うと、旦那さんとの関係をより良いものにしたい、という奥さんからのご依頼が多いです。


僕自身、結婚と離婚の両方を体験しました。1度の結婚で添い遂げる、という体験はできないことになりましたが、離婚を経験したからわかることも沢山あります。旅をしながら自分を見つめ、離婚のきっかけではなく、原因となる部分に目を向けてきました。


結局のところは、お互いの関係性です。


色んな人と何度対話を重ねても行き着くのはそこで、二人がどんな関係でいたいのか、夫婦としてどう在りたいのか、二人で大切にすることは何なのか、それを依頼主に問いかけることになります。その答えを明確に持っている人はほとんどいなくて、まずは自分が相手とどんな関係性を築きたいのか、それを言葉にしていくところから始まることが多いですね。


違う人格や経験、才能を持っている二人が共通の行き先を目指して歩むから、だから乗り越えられるものがあります。そしてその過程で人は、自分自身の執着やズレた欲求を手放し、本来のバランスに戻っていきます。そうなればなるほど、心が晴れてより楽になり、幸せ感度が高まり、本当の自分に向かうプロセスが加速していきます。

だからこそ、パートナーと目指す関係性を明確にする必要があるのですが、それを自分たちで行えるのは対話だけだと思います。その理由は、自分がどうしたいのか、それが前提の話であって、人に決められるものではないからです。本人が納得できるのものでなければ、二人の本当の行き先として成り立ちません。


よくあることですが、夫婦でどちらが正しいか議論していても、その状態にはどちらかの我慢が生まれます。もしくは両方の我慢か。議論とは何かを決めるためであったり、一つにまとめるために行うものなので当然の結果です。

そんな我慢を積み重ねているといつか、爆発してしまう時が来るか、家庭内に、特に子どもに何らかの問題が起こりやすくなります。今の子供は特に感受性のポテンシャルが違うので、率先して家族内のバランスをとるための行動に出てくれるでしょうね。


僕はそんな、我慢し合うような関係性は嫌なので、二人が何を大切にしながら、どんな未来に進みたいのか、それを何度も何度も共有し、何となくではなく具体的にお互いが理解し合えるように、今の妻とずっと対話を重ねてきました。

先ほども書きましたが、本当に望む関係性に向かうためには、自分がどうしたいのか、どんな人間でありたいのか、何を大切にして生きているのか、といったように自分の想いに目を向ける必要があります。自分がやりたいこと、自分の在り方、自分が大切にすること、など、それぞれが納得できる答えを見つける必要があります。


それがわかってこそ共有できる、二人の共通の行き先であり、二人で大切にすることなので。


そんな、とても大切なことを、対話を通じてお互いの時間を重ねながら掘り下げていくのです。毎日の対話の中で発見しながら、何年掛かってでもやっていくものだと思います。中には以心伝心ではないけど、通じ合っている事で最初からできている人たちもいますが、目指すはその領域だと僕は思っています。


とにかく、これらのことは誰かに言われたからではなく、自分の意思でやるものだと思います。そうではないと続きませんし、自分がやりたいことだからこそ、愉しくできるわけで。それなので、対話を家庭に取り入れて、基本は自分たちで時間を積み重ね、愉しく見出していくプロセスが最適だと僕は思います。


どちらかが、もしくはお互いが我慢し合う関係性ではなく、お互いが本当にやりたいことをやり、心から応援し合える、そんな関係性が広がるといいなと思うのです。だからぜひ、お二人の間に対話を取り入れて、お二人ならではのより良い関係性を築いてみてください。




この投稿を読んだ人は、こちらも読んでみてください。

ユーモアからDを学ぶ、そんな 2018 春期がスタートしました。




それともし、こばけんとの対話をご希望の方は、下記のリンク先からお申し込みくださいね。

対話の時間
対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから




    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。