DIALOG



人は、自分の本音に触れれば自然と変わるもの。

だから僕は、自然と本音に触れられる、

そんな対話の場をこれからもつくり続けていく。


草原と本


ダイアログ ( dialog・dialogue ) は日本語でいうと「 対話 」で、その目的は探求や発見です。


対話をしている時、目の前にいる相手との違いや共通点から自分のことを探求していく、そんな時間を過ごします。

対話の場には、「 勝とうとする者がいない 」と言われ、その部分が、誰かが正しいとか、誰かが勝ったとか、何かを決めることを目的とした議論 ( ディスカッション ) との違いです。


そんな対話の時間ではまるで、旅をしたかのような、非日常な時間を過ごすことができるのです。


対話を通じて自分の想いを知り、自分の本音にふれ、自分の人生を生きるきっかけを得る、そんな場を提供することが僕が持っている価値のひとつです。


想いを言葉にして目の前の人に伝えること、行動するために、自分に OK を出すこと、実際に1歩を踏み出すこと。そうすれば自ずと目に映る世界が変わってきます。

そして、行動し続けている中で生まれてくる葛藤を、人や自分との対話を通じて癒すこと、そうすることでまた、自分の人生を生きることを続けることができます。




【 研究テーマ : 対話のある暮らし 】

世界と対話する研究室では、対話もある暮らしを掘り下げ、身近な人や自分とのパートナーシップの高め方を見出していきます。


Dのこと。 資料一覧
Dのこと。のすべてのテーマ
画像の説明
↑ Dのこと。資料一覧はこちらから

D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ
画像の説明
↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


[ 関連投稿 ]

ダイアログの魅力【 旅人から見える世界】 #1
対極に目を向ける。
ダイアログの場が必要とされている理由。【旅人から見える世界】#5
ダイアログのある暮らし、を投稿することで気づいたこと。
ダイアログを極める。
まずはダイアログしながら自分を癒すこと、そこから始めればいい、と僕は思います。




対話の場の予定
開催の決まっている対話の場の予定をまとめています
画像の説明
↑ 対話の場の予定については、この写真をクリックしてください

FACILITATION
みんなのためが自分のために、自分のためがみんなのために
画像の説明
↑ ファシリテーションについては、この写真をクリックしてください




1対1の対話の時間 / みんなで対話


 1対1の対話の時間 


ごはんでダイアログ
美味しく楽しいダイアログの時間
画像の説明
↑ ごはんでダイアログについては、この写真をクリックしてください

電話でダイアログ
離れているからこそ伝えられる想いがそこにある
画像の説明
↑ 電話でダイアログについては、この写真をクリックしてください

散歩でダイアログ
自分の持っている才能や経験に目を向けながらのダイアログ
画像の説明
↑ 散歩でダイアログについては、この写真をクリックしてください

Make My Story~未来の自分からのメッセージ~
自分の持っている才能や経験に目を向けながらのダイアログ
画像の説明
↑ Make My Story については、この写真をクリックしてください

My life Story~私という物語~
自分の人生を生きるためのダイアログプログラム
画像の説明
↑ My life Story については、この写真をクリックしてください




 みんなで対話 


DIALOG LIVE
リアルな声を聴いて1歩を踏み出すトークイベント
画像の説明
↑ DIALOG LIVE については、この写真をクリックしてください

WORLD PEACE BOOK CAFE
本からはじまるダイアログ
画像の説明
↑ WORLD PEACE BOOK CAFE については、この写真をクリックしてください

COBAKEN的 ファシリテーション・ベーシック
対話の場のつくり方 / 2日間
僕らの暮らしにダイアログを
dialog maker
↑ 対話の場のつくり方については、この写真をクリックしてください