散歩でダイアログ



散歩でダイアログは、あなたの好きな場所を、小林豊と一緒に散歩しながら対話する、1対1の対話によるセッションです。


その時間の中で、依頼主が自分の人生を生きるきっかけを生み出すこと、本当の自分に向けて心を解き放つこと、それが散歩でダイアログを行う目的です。


そのために、あなたが大切にしている想いに触れてもらったり、あなたが持っている才能や経験などに目を向けてもらったり、自分の中で自分を押さえつけている自分に気づいてもらったり、外側ではなく内側にあるものに目を向けてもらいます。

あなたが本当にやりたいことは何なのか、どんな自分で在りたいのか、目の前にある問題を解消するために自分にできることは何なのか、散歩でダイアログを通じて、それらが自然と言葉になって、自分の中から未来に向けての答えが見つかります。


画像の説明


– 対話の目的は、探求と発見 –


ダイアログは日本語では「 対話 」のことで、その目的は探求や発見です。

対話の時間の中では、目の前の人との共通点や違いから自分を知り、その気づきを言葉にすることでまた発見がある、とても穏やかで実りのある時間を過ごします。


そんな対話の場には、勝とうとする者がいません。

誰かが正しいとか、誰かが勝ったとか、そんな場ではないのです。もし誰かが勝ったのであれば、その場の全員が勝ったことになります。それに、対話の場には正解は存在しません。それなので自ずと、間違いも存在しません。

対話の時間では、今の日本の日常にはまだ少ない、非日常な時間を過ごすことになるのでしょうね。


※ 対話については、下記のリンク先に関連する資料をまとめたページがありますので、よかったらそれらを読んでみてください。

Dのこと。資料一覧
Dのこと。のすべてのテーマ
画像の説明
↑Dのこと。資料一覧はこちらから




画像の説明


– 人は自分に嘘はつけない生き物 –


私は、自分の人生を生きていくためには、対話が必要だと思っています。いや、自分の人生を生きる人は、自然と対話の時間が増えていきます。

対極の存在を受け容れることであり、自分の感情に触れる機会であり、それと自分の本音に触れる機会が必要だと考えています。対極に受け容れつつ、喜怒哀楽を大切にしながら本音に触れれば、人は自然とバランスを取り戻し、本当の自分へと変わっていきます。

だって私たちは、自分に嘘はつけない生き物ですから。


でも人は、変わることを必死に抵抗するものです。変化には、大切なものを失ってしまうのではないか、という怖れがつきものなので。この世界は変わり続けるものなのに、変わることに怖れを抱いて、必死に抵抗してしまう、人はそんな生き物でもあるのです。


画像の説明


– 自由と安定 は共に存在できる –


私は、2012年の終わり頃、この言葉を初めて見た時は疑問に包まれました。どういうことだ、と。それと同時に、ものすごい希望にも包まれました。そんなことが可能なのか、と。

それがこの、自由と安定、このふたつは共に存在することができる、という言葉です。


それ以来、この間反対にありそうな状態を同居させるべく、私は旅する暮らしでいろんなチャレンジを始めました。やってみると生まれる結果があって、今では自分なりの解釈ですが、自由と安定は共に存在できると思っています。

すでに何か、やりたいことがあるのであれば、固まった想いに囚われないで、頭で決めつけずにまずはやってみること、それがとても大切ですね。それが、やったことがないことであれば尚更です。決めつけた瞬間にその世界はとても小さな世界に縮まっていきます。しかも、失敗や失う怖れに満ちた。


そうではなくて、やりたいことにチャレンジしてみたい、少しずつでも世界を広げたい、という人はぜひ、決めつけずにまずやってみてください。ほんの些細なことでいいから、やりたいと思うことを、実際にやってみるのです。

そのチャレンジと一緒に、「 どうすれば、自由と安定は共に存在できるのか 」と、自分に問いかけながら。そうすれば、あなたにとっての自由とは何なのか、あなたにとっての安定とは何なのか、それが見えてくるはずです。


画像の説明


– 人は誰もが自分の価値を認めている –


これは、「 自分には生きている価値がない。」と思い続けた私が、旅する暮らしの中で対話することで気づいたことなのですが、誰もが無意識の中では自分という存在の価値を認めているのです。


だからこそ呼吸を続けてくれていて、だからこそ私たちは生きています。でも、それを思考が否定していることが多くて。思考が否定している理由はさまざまだとして、だから日本人は、自分に自信がない、とか、自分には価値がない、という人が多いのですね。

表面上にあることよりも感情を、そして感情のまた内側にある欲求や物事の本質、個人の大切な価値観など、そんなところに目を向けることが特に大切な世の中になってきました。その部分から物事を見えば、対極に存在しているようなことでも、実際はひとつの、同じものでしかないのです。


あなたの中にある価値観や基準などと、私の中にある価値観や基準など、そしてふたりが対話している場に生まれてくる価値観や基準など、そんな思いに包まれながら対話を重ねていくと、まずはあなた自身がとても楽な気持ちになります。

私との対話の時間は、どんな自分にも許可を出していく、そんな時間で、多くの人に、癒しの時間、と表現してもらえるのだと思っているのですが、自分に対して「 大丈夫 」って思える、まずはそんな時間を一緒に過ごしていきましょう。そうすることで、今まで目を向けることができなかった自分が、自然と見えるようになりますから。


そんな風に対話の時間を過ごしていれば、あなたが本当にやりたいことは何なのか、どんな自分で在りたいのか、目の前にある問題を解消するために自分にできることは何なのか、それらが自然と自分の中から見つかるのです。


画像の説明


前置きがだいぶ長くなってしまいましたが、ここからは、散歩でダイアログの申し込みからの流れでお伝えしていきます。


 STEP.1  申し込み・日程調整


まずは、下記のオレンジのボタンより、散歩でダイアログ PASS の購入をお願いします。

散歩でダイアログ PASS / 10,000 円





散歩でダイアログ PASS は、年間の発行枚数に上限を設けていて、2017年は残り6枚です。ご購入いただければ、何度でも散歩でダイアログへのお申込をいただけます。使用期限はありません。

最初は、散歩でダイアログ PASS のお申し込みいただき、折り返しの日程調整の連絡を待ちます。その後は、直接メッセージをやり取りしながら、散歩でダイアログの日程調整をします。一緒に対話したい場所や時間なども当日に向けて調整していきます。




 STEP.2  散歩でダイアログ当日


あなたの指定した場所で合流して、一緒に対話します。


言葉が飛び交う時間もあれば、あなたが話し続ける時間もあり、私が話し続ける時間もあり、お互いが無言で過ごす時間もありと、そんな対話な時間を1〜3時間ほど一緒に過ごしていきます。

対話している状態も、歩いている時もあれば、ベンチに腰掛けて話したり、カフェでひと休みしながら話したり、居酒屋でビールを飲みながら話したりと、その時その時で様々に変わっていきます。


始まる時、一緒に問いを作ること、それと終わる頃にふり返りをすること、それ以外のプロセスの一切は、その日の流れによって変化していきます。

※ 別途、散歩でダイアログ中に必要な飲食費・交通費などのご負担もお願いします。




 STEP.3  対価の支払い


ふり返りを終えた後、もう一つ私から問いを投げかけます。それは、あなたにとっての、この対話の時間で得た成果についてです。あなたが得た成果、それを基準にして、対話の場の報酬となる対価を私にください。

ちなみに、ここでいう対価とは、あなたが提供できる価値であってお金に限ったものではありません。その時に私が必要としているお金や食事、宿泊先に移動手段など、家族の日々の暮らし、旅や活動を続けていくために必要なものです。


もしかしたら、あなたの持っている技術や知識を私に提供して頂くことになるかもしれませんし、宿泊先を提供して頂くことになるかもしれませんし、ごはんをご馳走して頂くことになるかもしれません。

もちろん、お金も私が必要としている価値のひとつです。かさばらない上に何にでも交換できる、とても心強い仲間です。


私が必要としているものについては、下記のリンク先にあるリストをご覧ください。

提供できること・望むもの一覧
僕が提供できること、望むものを更新しています。
画像の説明
↑提供できること・必要なもの一覧はこちらから


もし、 成果がなければ対価なしで構いません。対価を渡さない、というのもひとつの選択肢です。逆に、思いもよらない成果を手に入れた場合は、私にいくら対価を渡してもらっても構いません。


画像の説明




[ 散歩でダイアログ ]


成果報酬 / 1〜3時間の散歩でダイアログ

※ 別途、散歩でダイアログ中に必要な飲食費・交通費などのご負担もお願いします。


散歩でダイアログ PASS の購入はこちらからお願いします。







お申し込みいただいた方にもれなく、心が楽になり、巡りの良くなった毎日をお届けします。

一緒に、本来の自分のバランスと、本当の自分に目を向ける、そんなステキな時間を過ごしましょう。






成果報酬の対価として私が受けとったのは、街から街への移動手段や宿泊先、それにカイロプラクティックの施術や、WEBサイトの作成や唄を作ってもらったこともあります。その中でも、お金を受け取ることが1番多いですね。そのすべては私が旅する暮らしを続けるために必要な価値なので。


「 自分が対価に何を渡せるのか、わからなくて 」


こんな風に言われる方もいますが、わからないからこそ、一緒に対話してそれを見出しましょう。あなたという存在が持っている才能に目を向けることにつながるし、それも散歩でダイアログの一環です。

対話の時間の中で、心の中を整理したり、ビジネスモデルを整理したり、対話やファシリテーションのことを話したり、旅先での出来事を話したり、対話の内容は様々。そこにあなたの話も加わって、あっという間に終わるのでしょうね。


画像の説明


最後にもう少し。


このセッションをする相手、世の中でお客さんやクライアントといわれる人ですが、この散歩でダイアログのセッションを行ってきた人たちは、私にとっては仲間です。だからこの 散歩でダイアログ PASS に感謝の気持ちを込めて、お守りになるようと祈り渡しています。




扉を開いてもっともっと広い世界へ。

そして時代の風に乗っていきましょう。

私たちは無限の可能性を秘めています。


だから、一緒にダイアログしましょう。






[ その他のダイアログセッション ]


ごはんでダイアログ
美味しいダイアログの時間
画像の説明
↑ ごはんでダイアログについては、この写真をクリックしてください

電話でダイアログ
離れているからこそ言葉にできる想いがある
画像の説明
↑ 電話でダイアログについては写真をクリック

Make My Story~未来の自分からのメッセージ~
自分の持っている才能や経験に目を向けながらのダイアログ
画像の説明
↑ Make My Story については、この写真をクリックしてください

My life Story~私という物語~
自分らしく幸せに生きるための、1年間のダイアログプログラム
画像の説明
↑ My life Story はこちらから