それは必ずあるもの。【 旅LOG – 2018.10.31 】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

高槻で朝を迎え、京都で眠りについた1日。





2018/10/31(水)
霜降 ( そうこう ) 二十四節気
霎時施 ( こさめ ときどき ふる ) 七十二候 第五十三候


さて、どうしようか。もしかしたら、移動や家賃を支払うためのお金が入ってこないのかも。そうなると、明日の盛岡への移動はどうなるのだろうか。そんなこと、今考えたとしても何も変わらない。まずは目の前のこと。自分で引き寄せた出来事を信頼して、精一杯やるだけのこと。よし時間だ、出かけよう。

チェックアウトしたらそのまま、駅に向かって歩き始めた。朝の高槻の商店街。少し無機質に思えた。歩いていると、携帯ショップの入口で開店待ちをする人たちが何人かいた。何かあるのだろうか。それとも、人気のお店なのだろうか。そんな風に勝手に妄想しながら歩く、そんな散歩の時間が好きではある。


*


まむちんの3枚目のアルバムの収録に同行した。堺市にあるフクダスタジオ。その収録の様子を撮影するのが今回の役目。この空間の中でも、ハレの写真とケの写真がある。その両方の、その瞬間を切り取ること。別府で学び、気づけたことが早速、ここで役に立ちそう。それに、来月の撮影の予行演習でもある。

レコーディングという世界に初めて触れることができた。映像でしか見たことがなかった世界。でも、目の前にある。少し前に収録された音と合わさって、ひとつの曲が流された。不思議な感覚。こんな風に収録された音楽を聴いてきたことになる。その時間の中で間所さんの人柄もどこか、触れられた気がした。


*


収録を終え、水無瀬に戻った。無事、今日の役目を果たせたことになる。水曜日で定休日だらけの商店街を歩き、お店に入った。座って瓶ビールを頼んで、ひと段落。京都に向かう前に打ち上げを。軽くと思ったら結構がっつりと、お店が終わる時間まで飲むことになった。もしかして、時空が歪んでいるのかも。

飲み終えた後に突然始まった、シャッターの閉まりかけた長谷川書店前での撮影会。その時間は何ともいえないほのぼのとしたもので、いろんな表情を切り取ることができた。そんな写真が好きなのだと思う。人の素の姿を切り取ること。それは必ずあるもので、作られたものではない。ありのままの姿がいい。




目覚め ワークホテル高槻。
就寝 京都プラザホテル。

午前 起床( 7:41 )、まったり、お風呂、瞑想、パソコン仕事、身支度、荷詰め、チェックアウト、歩いて移動、電車で移動、水無瀬駅着、待ち合わせ、ベンチで最初のごはん、本屋さんで物色、車で移動、まったり対話、堺市着。
午後 スタジオでパソコン仕事、スタジオで撮影、車で移動、水無瀬駅着、歩いて移動、居酒屋で飲み時間。
 居酒屋で飲み時間、本屋さんで買い物、居酒屋で飲み時間、広場で撮影会、電車で移動、歩いて移動、チェックイン、まったり、お風呂、まったり、睡眠、就寝( 1:23 ) 。

最初のごはん アンパンマン豆乳クリームパン、玄米茶ラテ @水無瀬駅のベンチ
晩ごはん フライドポテト、豚キムチ、スーパードライ、サラダ、やみつきキュウリ、ささみのたたき、ハイボール、赤ワイン、ゴルゴンゾーラ、ホルモン炒め @


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-32
京都府京都市 – KYOTO/KYOTO/JAPAN –
2018/10/31〜2018/11/1
Next destination
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


旅の時間・対話の時間
こばけんとの対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 旅の時間・対話の時間はこちらから


[ お知らせ ]

◻︎ 新しい試み、はじめました。【11/26(月)】
◻︎ 成果報酬スタイルの対話でのセッション、終了のお知らせ。【11/22(木)】
◻︎ LIFE × COBAKEN 、はじめました。【11/11(日)】
◻︎ 6月から半年くらいかけて、今の自分がやっていることをまとめているところです。 【10/19(金)】


[ ここ3ヶ月の人気の投稿 TOP5 ]

No.1 – また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。
No.2 – LIFE × COBAKEN 、はじめました。
No.3 – 僕が今、死ぬまでに伝えておきたい7つのこと。
No.4 – ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
No.5 – 内側にある怒りを手放すこと。【 旅LOG – 2018.10.07】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

LIEF × COBAKEN
COBAKEN LIFESTYLE LABO の公式オンラインショップ。

↑ LIEF × COBAKEN はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター 。広島県竹原市と岩手県盛岡市在住。2012年9月から旅する暮らしをスタート。6年間の7割半は旅先で、その旅先は、日本か東・東南アジアのどこか。生業は、旅や対話を通じて心のバランスを整え、想いや行動を促すこと。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。