内側にある怒りを手放すこと。【 旅LOG – 2018.10.07】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/10/07(日)
秋分 ( しゅうぶん ) 二十四節気
水始涸 ( みず はじめて かるる ) 七十二候 第四十八候


今考えると、怒りを外に出したかったのだと思う。目を覚まして布団に潜ったまま、昨夜の自分をふり返った。昨夜、家に辿り着いた時の妻の言動にものすごく腹が立って。何でそんなことを言われないといけないのか。些細なことではあるけれど、素直さを裏返した音に対し、ものすごい嫌悪感を感じたみたい。

自分の内側にある怒りを手放すこと。瞑想で日々、感情を手放すことをしている自分としては、そんな大きなものではない。けど、怒りと怖れの塊であった自分はまだ、どこかに溜め込んでしまう、そんな要素があるのだと思う。解消するには、ひとりカラオケとかもいいのかも。腹から声を出せる機会を得よう。


*


3人で歩いて最寄りのスーパーに向かった。盛岡の家から徒歩10分もかからないくらいの場所へ。家を出ると、車一台分の幅しかない道を歩き、住宅街入るための路地を通り抜けた。いつもここから、急に世界が変わる気がする。昭和からある街並みから新興住宅地へ。建物の質感がその違いを教えてくれる。

碁盤の目のように整備されたエリア。わかりやすく、とても整備されている感がある。例えば、先日町歩きをした御坊市の、寺を中心にしたような、目的のある町づくりの中での意匠は感じない。言い方を変えると、どこも同じようで芸がないようにも思える。削ぎ落としたシンプルさとは違う気がしてならない。


*


妻は晩ごはんの準備をしていて、自分は台所のカウンターテーブルでパソコン仕事を進めていた。息子は居間で、引き戸に取り付けられた仕切りにもたれかかりながら、こちらにアピールをしてくる。台所に来たら来たで、いろんなものに興味を持って、いろんな物をひっくり返してしまうから、隔離されている。

その熱意に折れて、パソコンを持って居間に移動することにした。もちろん、パソコンにも興味を持つから、言葉を綴るどころではない。案の定こちらに寄ってきたけれど、もう数日すると旅立つ身としては、この時間もとても大切な時間になる。そう思ってはいたものの、今日はパソコンに興味を示さなかった。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、まったり、睡眠。
午後 睡眠、まったり、読書、お風呂、まったり、瞑想、料理、最初のごはん、カフェタイム、パソコン仕事、身支度、歩いて移動、スーパーで買い物、歩いて移動、家着、パソコン仕事。
 パソコン仕事、まったり、晩ごはん、洗い物、寝床の準備、まったり、お風呂、まったり、パソコン仕事、読書、睡眠。

最初のごはん 焼きそば @盛岡の家
カフェタイム マイルドカルディ @盛岡の家
晩ごはん 白ごはん、スープ、鶏チリ、カニ玉 @盛岡の家
パソコン仕事 ホワイトベルグ、鶏チリ、白ごはん @盛岡の家


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-24
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/09/30〜2018/10/10
Next destination
福岡県福岡市 – FUKUOKA/FUKUOKA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。