日本の夏はとても暑い。【 旅LOG – 2018.08.11】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/08/11(土)
立秋 ( りっしゅう ) 二十四節気
涼風至 ( すずかぜ いたる ) 七十二候 第三十七候


また自分の頭の中の1部が紐解けてきた。浮かんできた言葉を、文章の加筆修正用に印刷していた紙に赤ペンで書き出していく。面白いように、それぞれの紙に言葉が書き加えられて、今自分がやっていることが少し見えてきた気がした。自分が自分を1番わかってはいるけれど、自分のことが1番わからない。

コミュニケーションとはそういうもの。人との関わりを通じて自分を知ること。違いに触れれば触れるほど、その違いから自分を知ることができる。知ってしまえば、その違いが違いではないことがわかるようになる。みんな違うけど、みんな同じ。だからこの先を生きる中で、関係性がとても重要になってくる。


*


すこぶる暑い。今日が母が休みなので何となく、部屋の入口の戸を開けずに過ごしていたからか、ここ最近の中で室温が1番暑く感じる。これはどうにもならない。かといって、涼みに行くところもない。1階の離れが使えたら断然涼しいのだけれど、まだ畳がないままだから、今はこの空間でいかに過ごすのか。

日本の夏はとても暑い。先日、タイから戻ったばかりの友人と話しながら、2年ぶりに日本の夏を味わった時のことを思い出した。東南アジアも暑いけれど、ここ最近の気温の上昇や湿度のおかげで、日本の夏はとても暑く感じる。向こうでのさらっと流れる汗とは違う、日本でのじっとりした汗が何よりの証拠。


*


晩ごはんを食べ終えると、パソコンでピースマッチの中継を眺めた。広島と長崎という、世界でも稀な体験を持つ街のチームがこうして、8月に試合ができるということ。今回、スタジアムで観ることにはならなかったけれどこうして、パソコンを通じてサッカーができる、スポーツができる喜びを分かち合えた。

試合終了後、サンフレ選手が長崎サポの前に挨拶に行くと、サポ同士で相互のエール交換が行われた。そういう姿を見ると涙が溢れそうになる。何だろうな、この感覚。普段は闘う相手なのだけれど、根底にある相手を讃え合える関係性に触れるのが嬉しい。すべての存在にリスペクトを。相手にも自分自身にも。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、まったり、読書、まったり、寝床の片付け、アナログ仕事。
午後 アナログ仕事、最初のごはん、洗い物、アナログ仕事、読書、ゲーム、読書、アナログ仕事、パソコン仕事、まったり。
 晩ごはん、サッカー観戦、お風呂、まったり、寝床の準備、読書、ゲーム、睡眠。

最初のごはん 三分づきごはん、ミートボール、ポテトサラダ、豚肉と野菜の炒め物 @竹原の家
晩ごはん スーパードライ、冬瓜のスープ、豚肉と野菜の炒め物丼、きゅうりとオクラの和え物、酒、@竹原の家


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-11
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/08/10〜2018/08/16
Next destination
広島県広島市 – HIROSHIMA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 41回目の誕生日。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。