胃がペヤング。【 旅LOG – 2018.08.10】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

広島で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/08/10(金)
立秋 ( りっしゅう ) 二十四節気
涼風至 ( すずかぜ いたる ) 七十二候 第三十七候


昨日の夜中にチャレンジしたペヤングがまだ半分ほど残っていて、それをどうにか食べきってからチェックアウトの時間を迎えたい。食べれるだろうと思っていたのだけれど、がんばってこの結果だった。まずは湯船に浸かって身体を温める。背中があったまるのを感じて気持ちがいい。力みが取れていく感覚。

さて、食べようか。食べずに残すという選択肢もあるけれど、自分のチャレンジにおいての責任は果たしたい。しかし、こんなにも食べれなくなっているとは思わなかった。昨夜の時点でもう少しは食べられると思っていたのに。そんなことを思いながら残りを食べる。冷えているからか、今の方が食べやすい。


*


シーボでのんびりと。涼みながら仕事をしようと思いよったのだけれど、まずはジンジャーエールを飲みながら、しばらくは純子りんと話をしていた。そしてパソコンを開いてみる。でも、パソコンを取り出しても言葉を綴る気にはならず。胃がペヤングになっている。二日酔いの時とは違う、妙な状態が続いた。

そして、隣に座ったお客さんとマニアックな話をしつつ、身体の回復を待った。でも、残念ながら回復するよりも眠気が増して、次のバスで帰ることに決めた。それでいいのだと思う。早く帰って身体を休めよう。純子りんに見送られて外を歩き始めると、少しは目が覚めてきた。そして、何かが食べたくなった。


*


バスセンターに向かい、乗車ホームに向かうと長蛇の列で、竹原行きの5番ホームからの列は6番ホームを超えて伸びていた。隣は2列でさらに並んでいる。まだもう1本最終があるから、普段なら絶対に並んで待つことはしないのだけれど、いつもとは違うことをやってみようと思い、並んでみることに決めた。

結局、待ったのは55分。渋滞で竹原からの便の到着が遅れ、連続運転の規制で30分の休憩を取ったみたい。バスセンターですでに隣の席には人がいて、広島駅ではどうなるのだろうと心配していたら、初めて広島駅でかぐや姫号に乗り切れない人を見た。その人たちが最終便に乗れることを祈り、目を閉じた。




目覚め JAL CITY HIROSHIMA。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、シャワー、最初のごはん、身支度、チェックアウト、歩いて移動、お店で物色、歩いて移動。
午後 カフェでカフェタイム、パソコン仕事、まったり、歩いて移動、おやつ、歩いて移動、お店で晩ごはん、歩いて移動。
 バス待ち、バスで移動、睡眠、竹原駅着、歩いて移動、コンビニで買い物、おやつ、歩いて移動、家着、シャワー、まったり、読書、睡眠、ゲーム、睡眠。

最初のごはん ペヤング 残り @部屋
カフェでカフェタイム ジンジャーエール、珈琲 @カフェ エスプレッシーボ
おやつ 山賊むすび @路上 by セブンイレブン
お店で晩ごはん フィッシュフライカレー @CoCo壱番屋
おやつ サラダチキン @路上 by セブンイレブン


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-11
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/08/10〜2018/08/16
Next destination
広島県広島市 – HIROSHIMA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。