全部、自分が望んだ通り。【 旅LOG – 2018.08.04】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/08/04(土)
大暑 ( たいしょ ) 二十四節気
大雨時行 ( たいう ときどきに ふる ) 七十二候 第三十六候


この暑い中でも、こんなにも眠れるものなのか。そんな風に自分を素直に称えてみた。昨夜はお酒を飲みながら、何気に腐れ縁な友人と、色んな話をした。そのおかげもあってか、ここ最近に比べて睡眠の質が変わったように思う。もしかしたら、ここ最近の暮らしの中でのエネルギーの使い方が良くないのかも。

正直、燻っている感はある。でも、今はそんな状態であるということは受け容れられているから、焦りもないし、自分を蔑むこともない。ただ、どうやったら自分が持っている才能や経験を活かせるのか、そのことはいつも自分に問い続けている。そしていつも、自分を知ること、という解が自分から返ってくる。


*


まるでゲームのように日陰を縫って歩いていく。16時を過ぎ、だいぶ太陽が西に向かったことで日陰の面積は増してくれていて、陽の光を浴びずに歩ける程度の影が道に続いてくれていた。時折に日当たると見事に暑い。でも、また日陰に入ると涼しくなる。こんな遊びでも充分に、世界を知ることができる。

自分が生きているこの世界を知ることは、自分を知ることにつながる。内側で起こっていることが見事に、外側の世界に現れてくれているから。そんな風に世界を眺めていると、自分で選んでいることがよく分かる。全部、自分が望んだ通り。だから出来事を喜んで、よりよい自分に変化すればいいのだと思う。


*


晩ごはんに合わせて家に帰ってきて台所を覗くと誰もいなくて、二人分の食器が準備してあった。食事の前にお風呂に入っているらしく、そのまま自分の部屋へと上がる。晩ごはんは要らないと言っていないのに。どうして自分の食器は準備されていないのだろうか。まぁ、それならそれでどこかで食べて来よう。

そうしていると、風呂から上がった母から声がかかった。どうやら父が出かけたらしい。つまり、単純なる自分の早とちり。思い込みが見事な思考を生んでくれたものだと思い笑いが出た。何だろうか、この卑屈な思考パターンは。自分みたいな奴はこの家に居ない方がいい、そんな思い込みは手放してしまおう。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠。
午後 睡眠、まったり、読書、ストレッチ、筋トレ、まったり、瞑想、最初のごはん、洗い物、寝床の片付け、読書、シャワー、身支度、歩いて移動、喫茶店でパソコン仕事、歩いて移動、家着。
 まったり、晩ごはん、まったり、ゲーム、シャワー、寝床の準備、パソコン仕事、ゲーム、読書、睡眠。

最初のごはん 焼きそば @竹原の家
喫茶店でパソコン仕事 珈琲 @ヒロハウス
晩ごはん 白ごはん、冷奴、高野豆腐、@竹原の家


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-07
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/07/25〜2018/08/06
Next destination
広島県広島市 – HIROSHIMA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。