自分が納得できるかどうか、それだけのこと。【 旅LOG – 2018.04.22】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

三条で朝を迎え、仙台で眠りについた1日。





2018/04/22(日)
穀雨 ( こくう ) 二十四節気
葭始生 ( あし はじめて しょうず ) 七十二候 第十六候


車での旅ももう、終わりが見えてきた。実質、三条から盛岡まで1日でも走りきれる距離ではある。でも今日の移動は仙台まで。タイミングが合えば福島に寄ろうかなと思ってはいたけれど、今回はそのまま走り抜けることになった。この流れは、どんな出来事につながっているのだろうか。最適なタイミングで。

新潟ICの手前から会津へと向かう。天気も良くて、山越えにはとてもいい。対面通行で少しのんびりと走りながら、終わりが見えてきた旅をふり返る。自分は、自分たちは何を選び、何を学ぶ機会を得てきたのだろうか。その解に正解はない。だから間違いもない。自分が納得できるかどうか、それだけのこと。


*


外側に対して起きることは、自分の内側にそれが存在している、ということになる。自分の中にある、自分自身に対する怒りが外に現れているのであって、外だけに起こるものではない。それは重々承知ではあるけれど、復路で続いた相方とのやり取りから生まれた怒りが、何に対してなのかはわかってはいない。

思い返してみると、それを知るための出来事だったのだろうな。今はコミュニケーションを取りたくない気分。その心境に従って、宿に辿り着くまで静かに過ごしていた。そのおかげでわかったことがある。やっぱり自分の内面の問題だった。それさえわかれば、あとはどうにか意識して行動し続けていくだけ。


*


ホテルで早速湯船に浸かり、身体を緩めてから外に出かけた。今日は到着が早かったから、外はまだ明るい時間。相方と息子と3人でホテルを出て歩いていると、楽天のユニフォームを着た人たちが駅へと向かっていた。そのことを長男に連絡する。楽天ファンの長男だから、仙台に連れてくると喜ぶだろうな。

仙台駅周辺を散歩しながら、相方の友人へのプレゼントを探した。明日、タイミングが合えば渡してから盛岡に戻りたい。自分たちの体験も踏まえて、来月出産を迎える友人へ届けたいものを探した。その中で仙台の街を歩く人たちも眺めながら歩く。スタイルとスタンス、それを問い続ける旅はこれからも続く。




目覚め ホテルニューグリーン。
就寝 ホテル メパルク仙台。

午前 睡眠、瞑想、落書き、パソコン作業、最初のごはん、お風呂、荷詰め、チェックアウト、車で移動、ガソリンスタンドで給油、車で移動、SAでパソコン作業、車で移動。
午後 車で移動、PA でパソコン作業、昼ごはん、車で移動、宿着、チェックイン、まったり、お風呂、身支度、仙台駅周辺散歩。
 お店で物色、お店で買い物、お店で買い物、歩いて移動、お店で晩ごはん、歩いて移動、コンビニで買い物、歩いて移動、宿着、お風呂、読書、睡眠。

最初のごはん いなり寿司、弁当、 @部屋
カフェタイム 喜多方ラーメン @五百川パーキングエリア
晩ごはん 塩麹 @大戸屋 仙台


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-31
宮城県仙台市 – SENDAI/MIYAGI/JAPAN –
2018/04/22〜2018/04/23
Next destination
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。