食べることは生きること。【 旅LOG – 2018.04.21】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

福井で朝を迎え、三条で眠りについた1日。





2018/04/21(土)
穀雨 ( こくう ) 二十四節気
葭始生 ( あし はじめて しょうず ) 七十二候 第十六候


まずはドラッグストアに寄り、今日は忘れることなく給油をしてから高速に向かった。昨夜の怒りを噴出した出来事は、今ではありがたいと思える。神さまの使いだったのかもしれない。時折、そうやって試されるもの。良い悪いではない。その出来事から自分が何を学び、今後にどう活かすのか、それが大切。

ネガティブな出来事から学びを得て、出来事自体がチャラになると、とても清々しい気分になれる。その気分はほんの短い間なのかもしれないけれど、それでも嬉しい。最初のごはんは高速のパーキングエリアで食べることに決めた。ひとまず、富山の街にも寄ることも決めたから、その時に食べてもいいくらい。


*


高速から飛騨高山の雄大な景色が見える。運転しながら見たその姿は、富山の街に基地を作ることを決めさせてくれた。まだ何度かしか訪れたことはないけれど、富山の街が持つ雰囲気に興味がある。この街で暮らしながら掘り下げたい何かがあるのだろうか。今回で言えば、スタイルとスタンスに関連する何か。

高速を降りると、まっすぐ駅の方へと向かった。片側3車線の道路の左端を進みながら、道沿いにあるお店からのメッセージを受け取っていった。どこにでもあるチェーン店が立ち並ぶ中、富山ならではのお店を見つけ、勝手にワクワクしながら走っていった。行き先はいつものお店。今日は何を学ぶのだろうか。


*


今回のテーマは食べることを考えることなのかもしれないね、初めて訪れたサイゼリアで晩ごはんを食べながら、相方はそう言った。あまり知らない街で乳飲子を連れて外食をするのはハードルが高い。調べればいくらでも情報はあるのだろうけど、チェーン店は店内の想像がしやすくて入りやすいように思えた。

今はこうして、厨房でほぼ調理しなくても美味しい食事が提供される。値段も安いし、サイゼ飲みを何度も愉しませてもらった過去もある。もちろん、その対極の存在もあって、選択肢の幅がものすごく広がった。そんな中で自分は何を選ぶのか。食べることは生きること。食べることで、自分の身体が作られる。




目覚め 宝永旅館。
就寝 ホテルニューグリーン燕三条。

午前 睡眠、瞑想、パソコン作業、落書き、おやつ、パソコン作業、荷詰め、チェックアウト、車で移動、薬局で買い物、車で移動、ガソリンスタンドで給油、車で移動、PAで最初のごはん、車で移動、富山着。
午後 歩いて移動、読書、歩いて移動、お店で物色、歩いて移動、車で移動、車で移動、宿着、チェックイン、洗濯、サッカー観戦、洗濯、サッカー観戦、洗濯。
 歩いて移動、店内散歩、歩いて移動、お店で晩ごはん、スーパーで買い物、歩いて移動、宿着、お風呂、まったり、晩ごはん、まったり、睡眠。

おやつ バケッド @部屋
最初のごはん 白えび天ぷらそば @北路
晩ごはん 赤ワイン、やわらかチキンのサラダ、パルマ風スパゲティ、ほうれん草のサラダ、ガーリックトースト、辛味チキン @サイゼリア イオン県央
晩ごはん 海鮮巻き、握り寿司 @部屋 by AEON県央


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-30
新潟県三条市 – SANJO/NIIGATA/JAPAN –
2018/04/21〜2018/04/22
Next destination
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

– Follow Me –
Twitter / Facebook / Instagram


僕はこの5年で 1,500 泊以上、旅をしながら暮らすことに時間を費やしました。

その体験は唯一無二のもので、そこから得た大切なことを活かした僕との旅や対話の時間は、自分を生きることを望んでいる人にとって、とても価値があるものです。

そんな僕との対話の時間を通じて、自分を整えたり、自分と仲直りしたり、自分の未来を描いてください。

対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

夫婦とは、どうあるべきなのか。
http://cobaken.net/monologue/10081
小林豊との対話に価値を感じた、という方に質問です。
http://cobaken.net/cobaken-news/12387
旅する日々の中での、自分の心を整える時間。
http://cobaken.net/monologue/12405


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの一覧
旅する暮らしで提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。