とても贅沢な時間なのかもしれない。【 旅LOG – 2018.04.14】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

島本で朝を迎え、島本で眠りについた1日。





2018/04/14(土)
清明 ( せいめい ) 二十四節気
鴻鴈北 ( こうがん かえる ) 七十二候 第十四候


豆を挽いて、珈琲を淹れてみることにした。ミルの中でガリガリ音を立てながら、珈琲豆が形を変えて香りを放っていく。盛岡の家に一式、珈琲セットを手に入れたい今、こうして珈琲を淹れるのは妄想を膨らませてくれる、とても大切な機会。宮島で、何時ぞや教えてもらった入れ方を思い出しながら愉しんだ。

まむちん宅に来ると、長谷川書店で買った大山崎コーヒーロースターの豆を自分で挽いて、自分で淹れるという流れが自分の中にはある。だから今回も同じように。でもきっと、時を重ねただけ、何らかのものが変わってはいるのだろうな。それがきっと味に表れるはず。僕らはそうやって円熟味を増している。


*


買ってきた油揚げを、うどんのきつねにするために煮込んでいた。煮詰まってきたので火を切り、そのまま味を染み込ませる。いい感じの色合い。これで美味しいきつねうどんが食べられそう。そんなほっこりとした思いでパソコン作業を進め、きつねの出来具合を確かめに鍋の前に立ち、きつねを1枚食べた。

塩辛い。なんだこれは。何でこんなに塩辛いのか。そんな問いを自分に投げかけると、クックパッド大先生のご指導を携帯で受けながら、調味料を鍋に入れていたシーンが思い出された。そうか、塩の分量を間違えていたのか。小さじ1と1/3を、大さじ1と1/3と勘違いしていたみたい。それは辛いですな。


*


山崎蒸溜所の麓で山崎をロックで飲むこと。考えてみたら、とても贅沢な時間なのかもしれない。訪ねた町の、普段の食べ物や飲み物をいただくのが好き。ガイドブックに載っているものも、地元の人が食べるのであれば食べたいと思う。だから、今の暮らしの中で、わざわざ取り寄せて食べるということはない。

その町のお酒とその町の食べ物をいただく。それはものすごい贅沢だと思う。ちなみに、この町でウィスキーを普段から飲む人はどれくらいいるのだろうか。家で嗜んでいる人もいるのかもしれない。そんなことを妄想しながら、美味しいウィスキーを飲む。甘い香りが口の中に広がって、穏やかな気分になれた。




目覚め まむちん宅。
就寝 まむちん宅。

午前 睡眠、まったり、落書き、瞑想、カフェタイム、パソコン作業、身支度、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、宿泊先着。
午後 料理、最初のごはん、アナログ作業、料理、ごみ出し散歩、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、宿泊先着、料理、パソコン作業、料理。
 晩ごはん、まったり、お風呂、料理、パソコン作業、飲み時間、読書、睡眠。

カフェタイム 珈琲、ビスケット @まむちん宅
最初のごはん 白ごはん、味噌汁、肉じゃが、納豆、珈琲 @まむちん宅
料理 レッドアイ @まむちん宅
晩ごはん 山崎、照り大根と鶏肉の煮物、こんにゃくの炒り煮 @まむちん宅
飲み時間 クラシックラガー、ポテトチップス @まむちん宅


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-27
大阪府三島郡 – MISHIMA/OSAKA/JAPAN –
2018/04/12〜2018/04/19
Next destination
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。