対極の世界が今は必要だと思う。【 旅LOG – 2018.03.13】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/03/13(火)
啓蟄 ( けいちつ ) 二十四節気
桃始笑 ( もも はじめて さく ) 七十二候 第八候


朝の、ごみを出すまでの道のりは、すっかりと春に向かっているようで、季節の移ろいを感じる。まだ足もとには溶けていない雪がところどころ残っているけれど、立春の頃に盛岡で過ごしていた時とは違う雰囲気がある。陽の光の色であったり、樹の様子であったり、言葉になりきらない、些細な違いを感じる。

こうして歩いていると、先日までの旅がまるで夢のようで、自分はずっと盛岡に居たのではないか、と錯覚してしまう。そんな穏やかな、暮らしを感じる時間。人が持つ感覚とはよくわからないもの。写真があるから夢ではないとは思う。でも、時間軸とは、自分たちが認識しているものとは違うもの、とも思う。


*


自分の人生をふり返ってみると、図書館にあまりご縁なく学生時代を生きた。小説を読む、という習慣はなく、漫画で自分の中の正義感や倫理観を整えてきた。いつからだろうか。地元でも図書館にお邪魔するようになったのは。とは言っても、本を読むのではなく、館長さんと話をするためにお邪魔していた。

3人で図書館にやって来て、子の絵本を探していると、そんなことが頭に浮かんだ。子は相方に抱かれたまま、奥の小上がりのスペースに向かう。自分はひとり、相方が選ばないであろう、でも子が喜びそうな絵本を探した。選んだものを並べてみると、やはりそうだった。そんな対極の世界が今は必要だと思う。


*


今夜はタイ料理を作る。スープはタイ風で作るとして、ガイヤーンとガパオはペーストを使って味をつけるだけだから簡単なもの。その方がタイの香りがきちんとして懐かしい気分になる。一気に作るのではなく、まずはスープとガイヤーンを作り、食べている間にガパオを完成させることにした。美味しい時間。

ここ数日、アルコールを欲していない自分がいる。今夜なんて、ビールを飲む絶好の機会。それよりも身体の回復の方を重んじているのだろうか。しっかり食べて、しっかり眠ること。感情を手放して心を整えること、身体を、特にお腹を温めること。それが今の自分に必要なことであり、今の自分にできること。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、身支度、ごみ出し散歩、落書き、最初のごはん、子守、パソコン作業、料理、昼ごはん。
午後 洗い物、カフェタイム、パソコン作業、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、相方宅、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、コンビニで支払い、図書館で本を借りる、車で移動、コンビニで買い物、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、家着、片付け、子守、睡眠。
 料理、晩ごはん、洗い物、お風呂、動画鑑賞、睡眠。

最初のごはん 味噌汁 @盛岡の家
昼ごはん 酸辣湯麺、卵あんかけうどん @盛岡の家
カフェタイム 珈琲 @盛岡の家
晩ごはん ガイヤーン、きのことごぼうのタイ風スープ、豚のひき肉のガパオライス @盛岡の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-18
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/03/10〜2018/03/24
Next destination
広島県竹原市 – TAKEHARA/ HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。