体験に勝るものはない。【 旅LOG – 2018.03.09】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

鎌倉で朝を迎え、浅草で眠りについた1日。





2018/03/09(金)
啓蟄 ( けいちつ ) 二十四節気
蟄虫啓戸 ( すごもりのむし とをひらく ) 七十二候 第七候


チェックアウトの時間になり、ゲストハウスに併設されている店舗エリアでパソコン作業をすることに決めた。少しでもこの場所に自分のエネルギーを巡らせておきたくて。でもその前にコンビニへと向かう。昨夜、借りていた傘が激しい風で骨折しまくったから、代わりの傘を買いに向かった。いい散歩の時間。

鎌倉の街を歩く。駅の西側のエリア。色んなお店が並んでいたのだけれど、どこもスタイルがある。何故こんな風に街が出来上がったのだろうか。地方と呼ばれるエリアでは見ることのできないもの。何が違うのだろう。そこに大切なことが隠されているような気がして。しばらくそれを問い続けてみようと思う。


*


上野駅からは歩いて行くことに決めた。徒歩30分は徒歩圏内。歩いていると色んなものが目に止まるし、その街の雰囲気を味わうことができる。肉屋さんに弁当屋さんなど、暮らしに必要なお店が道沿いに並んでいて、それを眺めるだけでも感じられるものがある。ハレの場ではなくケの場に興味がある自分。

合羽橋という、以前はテレビでしか見ることがなかったエリア。今はこうして自分の足で歩き、自分の目で街を眺めている。体験するということ、それに勝ることはない。それも、やんまーがこの辺りに居を構えてくれたことによって貰えたもの。こうしていつも、縁をもらいながら旅が続けることができている。


*


雨なので散歩はやめて、トンテキ元気に入った。今夜は予約がいっぱいとは聴いていたから、だいぶ遅めにお邪魔しようとは思って。もう22時になる頃だけど、お店はとても賑わっていて、そこに一人で入っていく。すぐに宮さんが気付いてくれて、「 旅人1名 」と案内してくれた。元気がみなぎっている。

瓶ビールと小袋刺しを注文して、パソコンを取り出す。賑わいの中、酒と肴を愉しみながら仕事を進めた。これが旅先で割と多い、毎日の暮らし方。ただ、最近お酒を欲さなくなった自分もいる。そんな変化も感じつつ、今を愉しんでいると、シンガポールの学生たちがやってきた。その元気な姿が微笑ましい。




目覚め Hostel YUIGAHAMA。
就寝 やんまーの部屋。

午前 睡眠、まったり、シャワー、瞑想、落書き、パソコン作業、荷詰め、チェックアウト、お店でパソコン作業、最初のごはん。
午後 歩いて移動、電車で移動、睡眠、乗り換え、電車で移動、まったり、上野駅着、歩いて移動、お店で昼ごはん、歩いて移動、宿泊先着、睡眠、対話、睡眠。
 パソコン作業、電話で対話、睡眠、ゲーム、パソコン作業、散歩、晩ごはん、散歩、居酒屋でパソコン作業、歩いて移動、コンビニで買い物、歩いて移動、飲み時間、睡眠。

最初のごはん つったい肉そば @ふくや 六地蔵店
昼ごはん カレーセット @つるや
晩ごはん 弁当 @デリカぱくぱく
パソコン作業 瓶ビール、小袋刺し、もろきゅう、ハイボール @トンテキ元気


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-17
東京都台東区 – TAITO/TOKYO/JAPAN –
2018/03/09〜2018/03/10
Next destination
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。