核心に近づいてきた。【 旅LOG – 2018.02.08】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/02/08(木)
立春 ( りっしゅん ) 二十四節気
東風解凍 ( はるかぜ こおりを とく ) 七十二候 第一候


3という数字は大切だと思う。昔からだろうけど、これからはさらに大切になる数字。点から線になって面になる。面になるために最低限必要な数が3であるということ。今の時代は2が基本だから、それ以上の選択肢を並べる必要がある。対話の時代に入った今は、二元論では決められないことが増えてきた。

3時間、3日、3週間、3ヶ月、3年。何かを考える時に、これらに目を向けた方がいいと頭に浮かんだ。理由はわからない。でも、自分もそうした方がいいと思う。3時間単位の予定を組み、3週間先までの予定を確認すること。3ヶ月はもう活用しているから、3年というスパンで計画を練り直してみよう。


✳︎


久しぶりに相方の言動に腹が立った。自分にも少し、心の余裕がなかったのだと思う。それでも、自分を見つめるための機会を与えてもらったことになる。違う人間同士がこうして共に暮らすのはとても難しいことであり、とても簡単でもある。わかってくれている、わかってほしい、そんな甘えがつい生まれる。

その結果、相方と対話をした。自分たちが目指しているものはどんな関係性なのか、そんなことを尋ねてみた。変わったなら変わったと伝えて欲しい。そうでないのであれば、そこに向かえるように努めて欲しい。仕方ないかもしれないけれど、仕方なくはない。向かおうとしていれば、外から見てもわかるもの。


✳︎


自分の中にあるズレは何だろうか。ちょうど、以前落書きしていたものが目にとまった。年間一千万円受け取る自分の毎日。違いを挙げてみるとすれば、今の自分との違いは何だろう。それは対話でのセッションの回数とお金の巡り。それ以外は今の暮らしと変わらない。逆に言えば、すでにそれだけ揃っている。

自分との対話の時間を必要としている人は誰なのだろうか。とてもニッチな対象者であることは間違いない。自分も人も輝かせる人であることも間違いないけど、その中にもきっと分類がある。そこをどう掘り下げるのか。核心に近づいてきた感じがして、正直面白い。また、対話を重ねながら掘り下げていこう。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、落書き、瞑想、洗い物、パソコン作業、子守、最初のごはん、睡眠。
午後 睡眠、水道の復旧、パソコン作業、身支度、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、家着、パソコン作業、子守、相方と対話。
 パソコン作業、晩ごはん、まったり、お風呂、パソコン作業、。

最初のごはん 白ごはん、玉子スープ、目玉焼き、キムチ @盛岡の家
晩ごはん 野菜たっぷりのチキンカレー、味噌汁 @盛岡の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-07
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/01/22〜2018/02/11
Next destination
広島県広島市 – HIROSHIMA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 41回目の誕生日。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。