やった、お湯が出た。【 旅LOG – 2018.01.27】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/01/27(土)
大寒 ( だいかん ) 二十四節気
水沢腹堅 ( さわみず こおり つめる ) 七十二候 第七十一候


今朝は暖かい。とは言っても、気温は氷点下。人はこうやって慣れていく生き物なのだと思う。一番寒かった日に比べて暖かい、ということ。瀬戸内海沿岸で暮らす人が聴くと、驚くのだろうな。ストーブを点けるために布団から出て、また布団の中に戻る。暖かい、と言ってもそんなもの。結局は、寒い冬の朝。

子は動き出したいらしく、布団の中で温まるのを嫌がる。元気なものだ。最近は、支えられて立つのが愉しいらしく、そうすると奇声をあげながら笑顔になる。少しして横にしてから布団で温めようとすると、やはり奇声をあげて嫌そうな顔をする。そして、泣き始める。とても素直。自分も見習うことにしよう。


✳︎


7回目のお湯を赤いホーローのやかんに準備していると、洗面とお風呂から水が流れる音が聴こえてきた。やった、お湯が出た。実は昨日、凍結防止帯のコンセントが2本差されていないことがわかり、配管の流れを考えて一つだけ差していた。でも、給湯器につながる水道を復旧するまでには至らずに諦める。

それなので、沸かしたお湯で濡らしたタオルで身体を拭いて眠った。さすがに今日は溶かしたくて、とにかく10回、保温材の上からまんべんなくお湯をかけようと沸かしては裏に行き、お湯をかけることを繰り返していた。それが実って嬉しい。これでお風呂に入れる。お湯が出ることは、とても有り難いこと。


✳︎


パソコン作業をしていると、子が泣き始めた。相方は乳をあげることになり、自分が晩ごはんの準備をすることになる。さっき風呂上がりに飲むビールはとても美味かった。ただ、アルコール自体を6日ぶりに身体に入れたからか、すごくお酒が回っている気がする。酔うために飲むのだけれど、弱すぎだと思う。

そんな、身体からのメッセージを聴きながら、マカロニサラダと白菜の塩麹煮、それと味噌汁を作っていった。その最中、隣の居間で乳をあげている相方との対話が進む。とは言っても、自分はほぼ、質問をしているだけ。何の答えもわからないけど、素朴な質問を投げかけていた。やっぱり、問いって大切だな。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、子守、落書き、洗い物、料理、最初のごはん、寝床の片付け、瞑想。
午後 洗い物、パソコン作業、子守、パソコン作業、子守、パソコン作業、水栓の復旧とパソコン作業、子守、お風呂、パソコン作業、料理。
 晩ごはん、洗い物、お風呂、寝床の準備、パソコン作業。

最初のごはん きつね月見うどん @盛岡の家
パソコン作業 ホワイトベルグ、肉じゃが @盛岡の家
晩ごはん 8分づきごはん、味噌汁、鯖のみりん干し、マカロニサラダ、白菜の塩麹煮、納豆 @盛岡の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-07
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/01/22〜2018/02/07
Next destination
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


僕はこの5年で 1,500 泊以上、旅をしながら暮らすことに時間を費やしました。

その体験は唯一無二のもので、そこから得た大切なことを活かした僕との旅や対話の時間は、自分を生きることを望んでいる人にとって、とても価値があります。

そんな僕との対話の時間を通じて、自分を整えたり、自分と仲直りしたり、自分の未来を描いてください。

対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ 夫婦とは、どうあるべきなのか。
◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 世界はこうしてうまく回る。【 旅LOG – 2018.04.01】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。