travel



今の僕にとっての旅は、
100回、1000回と歩いた道で違いに気づくこと。


どうやら旅は、何でもない日常の中にもあるようです。




コバケン


僕の旅の先にあるのは、地域が子どもを育て、地域がお年寄りを送り出す、昔の日本に当たり前にあった環境が改めて整う、そんな未来。もともと日本にあった関係性がスパイラルして、より善い状態でその世界が戻ってくるイメージです。

そんな未来に向かうために今、旅する暮らしを続けながら、そのために必要な要素を見出しています。少し突飛な暮らしだけれど、その中にヒントがありそうな気がしていて。そうやって確信した、そんな未来に向かうために必要な要素のひとつが、対話です。

きちんと対話をすることは、旅先で過ごしている時と同じように、違いからの発見を僕らに与えてくれます。人々がそんな対話を、大切な人と暮らしながらごく自然に行うこと、それが来るべき未来の根底を支えるコミュニケーションとなることを確信しています。

それなので、家で過ごしている時にでも、対話というコミュニケーションを通じて旅を続けています。ごく身近な人たちと、何でもないことから、重くしんどいことを話したりして、自分が居る場所の半径1メートルの中にある大切なことに目を向けているところです。


1,000 年後に生きている自分たちの子孫に、今自分がキレイだなと思う海や山、ステキだなと思う町並みや文化、そして人々の想い、それらをきちんと手渡して、胸を張ってこの世を去りたいという想い、それが僕の活動のすべてを支える想いであり、願いです。

それは僕にとっての旅の終着地であり、進むべき方向。とにかくそこに向かって歩を進めること、それが僕の人生という旅です。




そんな僕の旅に、よかったら合流してください。

あなたの住んでいる街でも、あなたの住んでいる街を少し離れたところでも、あなたの住んでいる街から遠く離れた異国の地でもいいです。場所はどこでもいいのです。一緒に旅をしながら、それぞれの想いに目を向けていきましょう。




スキナトキニ スキナコトヲ スキナトコロデ。
– 暮らしている場所の予定 –

心からのありがとうを、巡らせ合える世界へ。
– 提供できるもの・望むもの一覧 –





D-LABO の旅LABO では、旅する暮らしを実際に行うことで掘り下げながら、精神的自立の促し方、真のリーダーシップとは何なのかなど、この世界がより善い方向に進むために必要な要素の研究を続けています。

対話の時代の生き方を掘り下げる、小さな研究機関
– D-LABO –





[ 関連投稿 ]

– 暮らすように旅をする –
#001 – オープンマインド –
#002 – 自分の空間化 –
#003 – 夜と朝のひとり時間 –
#004 – 滞在期間の決め方 –
#005 – 食べるの選び方 –
#006 – 移動手段の選び方 –
#007 – お風呂の入り方 –
#008 – 宿泊先の選び方 –


– 旅が僕に教えてくれたこと –
#001 ダイアログの魅力
#002 職業 旅人
#003 価値を交換しながら生活する。
#004 1Gで暮らす。
#005 対話の場が必要とされている理由。
#006 お金という万能ツール
#007 自由と安定の共存
#008 遠慮するからこそ口を出す、という選択肢。
#009 ユパ様というメンター。
#010 愚痴ではない愚痴
#011 成果報酬、という生き方



– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYELE LABO
TOPページへ