何かの宗教ですか?【 よく訊かれること 】




– よく訊かれること – 3回以上訊かれた質問と、その回答




[ 質問 ]

何かの宗教ですか?





[ 回答 ]


これがね、意外に訊かれることが多いのです。

どこか、それっぽいところがあるのでしょうね。だから、こう訊かれたら、仏像のポーズで薄めを開いて2〜3分くらい黙っててみようかな、何ていたずらを考えてみました。でもね、考えてからは訊かれたことがなくて。


さてさて、この質問の回答ですが、別に何かの宗教団体に属しているということはありません。日本人によくある、墓がお寺にあって、お葬式や法事では仏式でお経をあげる、とか、旅先で見つけた神社にお詣りに行く、そんな程度のものです。

ここ数年の、理解できない人には全く理解できない行動は、周りの仲間との対話を重ねる中で思いつき、一人で勝手に実行していることばかりです。


この質問でいう「 宗教 」とは、カルト教団と呼ばれている新興宗教のことなのだろうな、と思っています。「 壺とか売ってなくて良かったわ 」とか言われますし。

あと、僕と対話を重ねた相手が、「 お前はあいつに洗脳されている 」と身内から言われた、という話も聴きました。

いったい僕は、どんなメガネで見られているのでしょうね。人の視点とは面白く、とても興味深いものです。




それがもし、「 宗教 」という言葉自体の意味で言われているのであれば、そんなに大きく外れてはないのかもしれません。

宗教とは、人の在り方を示すものであり、当時の科学や哲学だと僕は考えています。その部分においてだと、対話を重ねながら自分自身を掘り下げ、普遍的なものを実体験から見出していくこと、その部分では重なる部分はあると思います。

僕のことを、哲学者とか思想家と紹介する仲間もいますし。でもそういえば、科学者って紹介する仲間はいないなぁ。


必要なものリストを更新しながら、お金以外の僕が必要としているものを対価として受け取ってきた4年間の実験の中でのやり取りを、托鉢みたい、という仲間とたくさん出逢いました。

それを聴いて托鉢のことを調べてみると、価値を巡らせるという観点でとても参考になりました。


まずは巡らせることからなのです、何事も。出入口と言っても、入出口とは言いません。

内にあるものを外に巡らせること、感謝の気持ちを込めながら行うことが大切なのです。そうやって、巡らせたら巡らせた分だけ巡ってくる、僕らはそんな想いが循環した世界に生きています。

他にも、仏教の経典や神道のことを調べていくと、今に活かせることがたくさん書かれています。それに、日本で生きてきた僕らの日常には、仏教や神道、あと儒教などの思想がベースになっていることが多いです。




まぁ、どちらにしても、宗教かどうかなんて、僕としてはどちらでもいいです。いや、正確には、どちらでもよくなりました。その部分はもう、手放せたのだと思います。何でわかってもらえないのだろうって、以前はとても嫌でしたけど。

それに、見る人次第のことですから。


ということで、僕の活動を何らかの宗教と見るかどうかはあなた次第、だと思います。それなので、宗教とするも、宗教としないも、自由に選んでください。


長くなりましたが、これがこの質問に対する僕の回答です。




おわり


※ この記事は 2017 年 2 月 11 日に投稿したもので、手を加えて 2018 年 1 月 31 日に再投稿しました。




    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。