どうすれば、より気軽に旅に合流してもらえるのか。【 COBAKENのひとりごと 】



– COBAKENのひとりごと –







どうすれば、より気軽に旅に合流してもらえるのか

そんな問いを自分に投げかけてみました。




「 旅に合流してもいいよ、と何度も何度も呼びかける。」


もしかしたら、旅に合流する、という選択肢を

持っている人が少ないのかもしれない。


だから、何度も何度も、懲りずに呼びかけてみる。


出逢った時に、ブログで、メルマガで、手紙で。

他に何があるだろう。


仲間に呼びかけてもらう。

合流してくれた人に呼びかけてもらう。


ただ、今回の問いで知りたいのは、自分にできること。

だから、呼びかけてもらえる何かをするってこと。


体験してもらって、その話をまわりにしてもらう、かな。

やっぱりまずは、実際に旅に合流してもらうこと。


観光名所を見て回るのではなく、

僕の日常である旅する暮らしを体験してもらうこと。


その中で、普段出逢わない自分に出逢って欲しい。

それはとても楽しいことだから。




「 合流すると対価が必要、という思い込みを取り除く。」


対話をする=対価が必要、という勘違いが実は多い。

そう考えると旅に合流することも同じなのかもしれない。


対話をすることに対価が必要なのではなく、

対話を通じて得た成果に対して対価をもらっている。


だから、成果が必要なければ対価も必要ない。

それは、旅に合流することでも同じこと。


対価をもらわないと一緒に対話も旅もしない、

なんて考えは僕にはない。

対話も旅も個人を尊重して対等に行うものだから。


ただ、依存関係や時間泥棒は嫌いだから、

お互いの想いや時間を尊重しあえる関係性は大事にしたい。


さて、この思い込みをどうやって取り除こう。


やっぱり、何度も何度も、懲りずに呼びかけることかな。

伝わるまで何度でも伝えることかな。


対価は成果に対して受け取っているもの。

成果が必要なければ、対価も必要ない。


何度でも伝えてみよう。

しかも、楽しみながらできる方法で。




「 旅に合流してもらうことを心から望む。」


目の前にそれを実現することができていないのであれば、

それは自分が心から望めてないということだと思う。


何か、自分の古い観念が邪魔しているのかもしれない。


例えば、自分は人に理解してもらえない、

自分は人に必要とされていない、

という自分に対する思い込みの方が強いのかもしれない。


自分の中ではだいぶ解消されてきたけど、

何らかのカタチで残っているのかもしれない。


旅に合流してもらうことを心から望む状態であるために

自分で何をしていこう。


どんな人に合流してもらいたいかを紙に書き出してみよう。

その人とどんな時間を過ごしたいかも紙に書き出してみよう。

より楽しく、より心が躍る、そんな旅を書き出してみよう。


で、その紙を眺めながら誰かと対話をしてみよう。

そうやって、自分の想いを確認してみよう。






今回の投稿では、自分への問いかけへの、自分の回答を言葉にしてみました。


もしよかったら、これを読んでいるあなたの考えも教えてください。

違う視点からの今回の問いかけの回答を聴かせてください。


ただ、この3つのことは大切にしています。


◆ 主体的であること

◆ 公平さの基準が合意されていること

◆ 持続可能であること


これらを踏まえて、冒頭の問いかけの回答を共有してもらえると嬉しいです。

メールでも SNS のメッセージやコメントでも、手段はお任せします。




Twitterボタン 





FIND THE WORLD JAPAN TOUR 2017
~ スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ ~
23 都道府県、日本縦断の対話の旅。

↑ JAPAN TOUR 2017 の詳細はこちらから。


[ 人気の投稿 ]

ひとつの儀式。【 旅LOG – 2017.05.05】
http://cobaken.net/tabilog-japan/8447

祝福されている。【 旅LOG – 2017.05.10】
http://cobaken.net/tabilog-japan/8490

自分の持つ世界観。【 旅LOG – 2017.05.08】
http://cobaken.net/tabilog-japan/8480


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なものリスト
旅する暮らしに必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
2種類のメールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
自分らしく、しあわせに生きるための研究学習コミュニティ

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net