子育てという、共に成長し合う時間。




– COBAKENのひとりごと –


子育ては喜怒哀楽を共にすること、と教えてもらいました。





子が笑えば親も笑い、子が泣けば親も泣く。

子供の感情にそのまま寄り添うこと、

まずはそれでいいのだと思います。


僕らはつい、自分が子供だったことを忘れてしまいます。

だから大人は、

子供をコントロールしようとしてしまうもの。




子供は大人を映し出してくれる大切な鏡です。

それなので、シンクロするのは子供の方が得意。

親が子供をコントロールしようとすれば、

子供も親をコントロールしようとしてくれます。

だって、とても精度のいい鏡ですから。


もし、親の内側にいる自分が泣いていれば、

子供はいつまでも泣いてしまうのかもしれません。

そんな時こそ、子供の哀しみの感情に寄り添って、

本当は泣いている自分自身ごと、目の前の子供を、

ぎゅっと抱きしめてあげればいいのだと思います。




子供がとても精度のいい鏡だと考えると、

子供と親とのより良い関係とはどんなものなのでしょうね。




どちらにしても子育ては、

親が子供をコントロールすることではありません。

過去にはそんな時代もあったのでしょうが、

こうして21世紀を迎えた今、

それが子育ての在り方とは思えません。


世界が多様化したことで、表現や手段など、

色んなことが複雑になってしまいました。

その結果、幸せな人生も多様化しています。


ちなみに僕は、子供の想いに寄り添いシンクロして、

共に成長し合うことだと思います。


そう思うのは、生まれてきてくれてから長い年月をかけ、

共通の課題に共に取り組む、もっとも強い縁が親子だと

思っているからかもしれませんが。


子供は自分自身であり、自分自身は子供であり、

この世で1番なくらいの精度を持った鏡と共に、

本当は自分に伝えたいことを相手経由で伝え合いながら、

より納得感のある幸せな人生に向かうのだと思います。


ただ、そうなった時に気をつけることがあります。


それは、子供と親は別の人格を持ち、

別の才能を活かしてそれぞれの人生を生きる存在であること、

それを胸に刻み、常に意識することです。


親の人生は親のものでしかなく、

子供の人生は子供のものです。


この世で1番なくらいの精度を持った鏡ではあるけれど、

別の人格を持った他者であることも確かです。


そんな大いなる矛盾を持った存在と時間を重ね、

子供も親も、一緒に成長していくのでしょうね。


子供は精一杯、自分を輝かせ、

親は自分も輝かせながら、子を見守って。




生まれてきてくれて、どうもありがとう。






この投稿を読んだ人は、こちらも読んでみてください。

人間関係を良くするための対話。【 COBAKENのひとりごと 】

生まれてきてくれてありがとう。【 COBAKENのひとりごと 】




    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。