問い、を持つための場。仲間と出逢うための場。




クリックするとリンクに飛びます このブログの読み方-準備-

Twitterボタン



僕がつくるダイアログの場の中に、ダイアログの場のつくり方、という2日間のワークショップがあります。この場の目的は、ダイアログの場をつくるために必要なことを学び体験し実践すること、ダイアログを日常にとり入れること、この2つです。


画像の説明


そんな目的を持って、小林豊が考えるファシリテーションの基礎となるものをこの2日間で手にしてもらうのですが、その2日間、8時間+懇親会+7時間のダイアログの場で手にしてもらうのは、問い、です。

細かく言えば、ダイアログって何なのか、場づくりの要素、問い、判断を保留すること、自分がつくりたいダイアログの場、といったことたちを学び合うことができます。でも、この2日間で参加者が手にするのは、自分が持っている問い、なのです。




私は、問い、がダイアログの場をつくるために1番必要なものであり、ファシリテーションを学び実践するために1番必要なものだと思っています。実際、同じような問いを持った人が磁石に導かれたかのように場に集ってきますので。

その、ダイアログの場をつくるために必要な問い、というのは、場に問いかけること、でもあるのですが、その前に、場をつくる人自身が持っている問い、に目を向けることが必要だと私は考えています。


それは、根本や本質に目を向ける、ということでもあります。目を向けることができる範囲で、ではありますが。自分が何を望み、どんな自分、どんな世界に向かってダイアログの場をつくるのか、それを2日間ダイアログしながら見出していきます。

言葉を聴いて意識すると簡単には思えないかもしれません。それでも、本当のダイアログの場であれば、根本も本質も、自然と自分の本音に目を向けることができるのです。




僕にとってファシリテーションはスタンスです。職業や役割ではありません。公平で主体性を重んじた人との接し方、それを日常でもダイアログの場でも行おうとある時決めました。

日常でやれないことはファシリテーターをしててもやらない、ファシリテーターをするときに大切にすることは日常でも大切にする、そんな状態を心がけて、特に判断を保留すること、それを日常的に行うことを意識しました。


その結果今の自分があるのですが、判断を保留することを日常的に行うことで、自分の心が整いやすい状態を手に入れました。僕がダイアログの場をつくる中で、それが1番大切にしていることです。

自分が整っていないと、その場自体がざわざわして、自然なフラットな状態でのダイアログがやりにくくなるかもしれません。何より、自分に許可を出すこと、それを目指しているので、自然にいろんなことを受け入れられる、そんな自分であり、そんなダイアログの場が僕はつくりたいのです。


ファシリテーションに関するテクニックやメソッドを学ぶこともとても大切なことです。だけど、その前にやることがあります。それが、自分自身をまっすぐ見つめ、自分の中にある問いを明確にすること、です。

問い、や、目的、があるからこそ、必要な技術が明確になる。それはダイアログの場においてもファシリテーションにおいても同じことで、問い、が不明確な場では、なんとも後味の悪い場になりかねません。


自分が持つ問いを知ることは、場をつくるのであれば、とても大切なこと。どんな自分で在るために、どんな世界をつくるために、人を集めてダイアログの場をつくるのか。それらは、問い、にきちんと含まれています。

自分の欲しい物がハッキリすれば、あとはそれに向かって必要なことをやるだけ。自分が欲しいものがハッキリしていないから、人と比べて嫉妬したり、劣等感に苛まれたり、そんなことになってしまうのです。自分が欲しいものがハッキリさえすれば、そんなことして落ち込んでいる暇なんてなくなりますから。


とはいっても、闇雲に求めるものありだと思います。それは人それぞれの選択なので。だから、自分が持つ問いを知りたくない人は、この、ダイアログの場のつくり方、には参加しない方が良いと思います。その理由は、知ってしまうと、知らない自分には戻れませんから。

それも、個人個人の選択です。僕らは、選択できる、という自由の中に暮らしているので、そこは自己責任で自由に選択してください。僕はただ、一緒にダイアログについて学び合い、ダイアログのある暮らしを広めていく仲間に出逢いたいだけなので。

タイミングを信頼しながら、ひとり、またひとりと、出逢うべき人に再会する、もしくは新しく出逢うのを待っておきます。そう考えると、またわくわくしてきますね、場をつくるってことが。




最後に、ダイアログのススメ、というコミュニティを運営しているのですが、問い、に関してそこに投稿した資料があるので、よかったらそちらも読んでみてください。


No.6 問いを持つこと

No.7 問いの持ち方


ダイアログのススメ
僕らの暮らしにダイアログを
ダイアログのススメ
↑ ダイアログのススメはこちらから


リンク先のページをしたの方にスクロールしていくと、ダウンロード、と書いたボタンがあるので、そこをクリックしてダウンロードしてください。これ以外にもダウンロードできるようになっていますので必要なテーマがあればご自由にどうぞ。




以上、またいつも通り自由に、自分の頭に浮かんだことを書き出させてもらいました。その過程でまた、大切なことに気づけたように思っているので、またそれについて自分に、問いを投げかけてみようと思います。

どうもありがとうございます。




クリックするとリンクに飛びます このブログの読み方-ふり返り-?




– ダイアログのある暮らし –

COBAKEN LIFESTYELE LABO
TRAVEL × FACILITATION
http://cobaken.net


小林 豊 公式ブログ
旅人が見た世界、旅人に見える世界
画像の説明
↑ 小林 豊 公式ブログはこちらから

[ 公式ブログ 人気の投稿 ]
クリックするとリンクに飛びます けいちゃん、またね。?
クリックするとリンクに飛びます 旅LOG【 心から。】広島県広島市 – 2015.08.06?
クリックするとリンクに飛びます すべてを投げ出したい、そんな心境になるときがある。?




小林 豊 公式メールマガジン
3種類のメールマガジンを無料で配信中
画像の説明?
↑ メールマガジンへの登録はこちらから


ダイアログのススメ
僕らの暮らしにダイアログを
ダイアログのススメ
↑ ダイアログのススメはこちらから

Twitterボタン





どうもありがとうございます。


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅の日々を。



1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。