D-LABO



ようこそ、D-LABO へ


D-LABO は、対話を通じて対話の時代の生き方を学ぶ、そんな学び合いのコミュニティです。





対話 ( dialogue , dialog )

多様性 ( diversity )

運命 ( destiny )


D-LABO のDには、この3つの意味が込められています。

対話の時代と称されるこの21世紀の多様な世界で、自分らしく幸せに生きることを求められている私たちの運命を掘り下げていくこと、それがこの学び合いのコミュニティの使命です。


このコミュニティの学び合いの方法は対話です。

メンバーそれぞれが自分が掘り下げるテーマを決め、日常生活の中で対話を用いながら掘り下げていきます。そして、その学びや気づきを共有し、またメンバー同士や日常での対話を通じて掘り下げ、自分が望んだペースで学びや気づきを得ていきます。


これらの学び合いを始めたそもそもの理由は、主宰でありトライヤーである小林 豊が、心穏やかに毎日を過ごし、胸を張ってこの世を去りたい、と思いながら旅する暮らしを続けたことに始まります。

そんな毎日の中で気づき、そして学んできたことをふり返ると、自らの行動を以て常に体験し続けてきたのだ、ということがわかりました。


そんな学び合いのコミュニテイィも、2018 年 2 月 4 日より任意団体として活動を始めました。

D-LABO 規約
2018 D-LABO 事業計画
2018 D-LABO 予算





– この学び合いの先に目指すもの –


そしてこの学び合いの先には、対話の時代における、対話する文化の礎を、2027年までにアジアに築く、という夢があります。その実現に向けてこの活動を継続し、それをカタチにしていく仲間と出逢っていきます。

自分が想ったこと、感じたことを自由に話せる場と時間が当たり前のように存在している、そんな環境を整うことを私は心から願っています。そして、その環境の中で次の世代がまた、その次の世代への想いを馳せながら行動していく、そんな生命の巡りを信頼しています。




– 学び合いで得た成果 –


この D-LABO での学び合いで得た成果をまとめたものは、それを必要としている人が自由に活用してもらえるようオープンソースとして提供していきます。


下記のリンク先にあるDのこと。という対話を促すための資料もその一つです。

Dのこと。資料一覧
Dのこと。のすべてのテーマ
画像の説明
↑Dのこと。資料一覧については、この写真をクリックしてください


ここでの学び合いが今以降の世界を生きる人たちに問いを投げかけ、自己統合や自己実現を促すことに役立つことを祈っています。




– 学び合いを行う、2つの LABO –


D-LABO には2つの LABO があります。


対話 LABO
画像の説明
↑ 対話 LABO の詳細・申込はこちらから

対話 LABO では、対話もある暮らしを掘り下げ、自己統合、つまり自分と仲直りして、自分とのパートナーシップの高めるために必要な要素を見出していきます。


旅 LABO
画像の説明
↑ 旅 LABO の詳細はこちらから

旅 LABO では、旅する暮らしを掘り下げ、精神的自立の促し方や、真のリーダーシップに必要な要素を見出していきます。




– メンバーへの登録 –


D-LABO はどなたでも登録でき、対話を重ねながら学び合うコミュニティとして運営されています。自分で申込をすること、登録料を納入すること、その2つを行えば、どなたでも D-LABO という環境で学び合うことができます。

ただし、最初は対話 LABO のメンバーとしての登録からのスタートです。2年目からは旅 LABO のメンバーとして登録することも可能になります。

その理由は、ここでの学び合いのすべての基本が対話であり、対話を1年間掘り下げてからでないと、旅 LABO が行っている学び合いを、本当の意味で受け取ることが難しいのです。


ということで、一緒に学び合いたいという人は、対話 LABO のメンバーとしての下記のバナーをクリックした先にあるページの最下部にある、赤い申込ボタンからの登録をお願いします。

対話 LABO
画像の説明
↑ 対話 LABO の詳細・申込はこちらから


ぜひ一緒に、自分らしく、しあわせに生きるために必要な要素を見出していきましょう。


[ 関連投稿 ]

寺子屋のようなもの。
ダイアログのある暮らし。
D-LABO における、学び合いの進め方。
月二千円の、オンラインとリアルが混じった、探求と学びの場。
対話もある暮らし。
2022年までに D-LABO が目指すこと。