穏やかな夜を。【 旅LOG – 2017.08.27】




– 旅LOG – 旅する暮らしの中での心の記録

大船渡で朝を迎え、大船渡で眠りについた1日。





2017/08/27(日)
処暑 ( しょしょ ) 二十四節気
綿柎開 ( わたの はなしべ ひらく ) 七十二候 第四十候


目覚め 大船渡の家。
就寝 大船渡の家。

午前 睡眠、瞑想、最初のごはん、読書、。
午後 片付け、荷物運び、車で移動、買い物、車で移動、睡眠、料理、晩ごはん。
 宴、カフェタイム、片付け、夜食、睡眠。

最初のごはん トマトとモロヘイヤのスープ @大船渡の家
晩ごはん 秋味、もやしときゅうりのナムル、人参のきんぴら、寄せどうふ、秋刀魚の塩焼き、フロム・ザ・バレルのソーダ割り @大船渡の家
カフェタイム レモンケーキ、フロム・ザ・バレルのソーダ割り @大船渡の家 by ゆきちゃん




水曜日は相方の健診で盛岡に向かう。だからその時に、引っ越しの第1便の荷物を運ぼうと思って。今日はその準備を進めた。どうもその頃は雨らしい。第1便で運べるのは、車の後部座席とトランクに乗る分だけにはなるけど、今使わないものは盛岡の家に運んでしまう。そう思って荷物を出すと、割とあった。

限られたスペースに載せられる分だけ、そう思いながら玄関に荷物を運ぶ。冬物やこの前の車旅に持って出なかったものがその対象になった。そして、3階の1番奥の部屋から車に荷物を運ぶ。涼しくなってきた頃でよかったと思う。最近の自分の生活にはない、いい運動になった。やはり、日々運動は必要だ。




車に荷物を詰め込み、買い物に出かけた。そういえば今日はさんま祭りらしい。道路に案内看板が立っていた。ちょうど昨日、スーパーで初水揚げの秋刀魚を見かけていたから、今夜は秋刀魚を焼いて食べることに決めていた。大船渡の港に揚がった初物の秋刀魚を塩焼きにする。今夜の晩ごはんはそれがメイン。

大船渡にあるスーパーのひとつである、MAIYA 大船渡店。ここが大船渡に来て初めて買い物をしたお店。そのお店に来るのもあともう少し。相方の職場復帰を迎える頃までは買い物に来ることはない。そう考えると感慨深いものがある。大船渡の家ができてから1年半くらい。いろんな出来事が積み重なった。




晩ごはんの準備をしていると、インターホンが鳴る。空気を通すために開いていたドアの隙間から声が聴こえてきた。紙袋を下げたゆきちゃん。今日も元気そう。手作りの焼き菓子を届けに来てくれた。で、せっかくだから晩ごはんを食べて帰ってもらうことに。そんなことが買い物に出かける前に決まっていた。

今夜は秋刀魚定食的なメニュー。丸橋とうふ店の寄せどうふとナムルを食べながら、秋刀魚が焼けるのを待った。コンロから焼ける音が聴こえてくる。自分は秋刀魚の塩焼きを肴にしてハイボールを飲んだ。そして食後にゆきちゃんのレモンケーキを。さっぱりとして美味しい。穏やかな夜が静かに流れていく。




Remember the World 1th season
======================
Chapter.YU-23
岩手県大船渡市 – OFUNATO/IWATE/JAPAN –
2017/08/24〜2017/09/02
Next destination
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。