「 守る 」ということ。【 旅LOG – 2017.08.07】




– 旅LOG – 旅する暮らしの中での心の記録

竹原で朝を迎え、広島で眠りについた1日。





2017/08/07(月)
立秋 ( りっしゅう ) 二十四節気
涼風至 ( すずかぜ いたる ) 七十二候 第三十七候


目覚め 竹原の家。
就寝 ガーデンパレス広島。

午前 睡眠、ストレッチ、瞑想、身支度、最初のごはん、車で移動、呉に到着、大和ミュージアム見学、車で移動。
午後 宮島口に到着、歩いて移動、昼ごはん、歩いて移動、車で移動、給油、車で移動、着、店内散歩、カフェタイム、車で移動、広島駅前に到着、車で移動、チェックイン、まったり、睡眠、歩いて移動。
 晩ごはん、散歩、買い物、パソコン作業、まったり、睡眠。

最初のごはん おにぎり @竹原の家
昼ごはん あなごめし上 @あなごめし うえの
カフェタイム レモネード @Daniel & Co.
晩ごはん 瓶ビール、小鰯の酢漬け、がんす、冷酒、ねぎ焼き、黒豚餃子、肉玉そば @てっ平 駅前店




夜中のうちに台風は雨だけ残して東へと進んでいった。その恵みの雨の中、懐かしい 185 号線を車で走り、相方とそのご両親を乗せて呉へと向かう。今日も穏やかな瀬戸内の海を左手に、今では通ることがなくなったこの道を走り続けた。いろんな景色が懐かしい。そして、以前よりも明るく見える気がする。

台風一過を迎える前だけど、大和ミュージアムには意外にも人がいて。大和の最期を語る展示のエリアは急に密度が高くなった。そこを歩きながら「 守る 」ということ考えた。大切な心根と狂気を行き来する中、この当時の人たちは何を守ってきたのだろうか。僕らは今、何を守りながら生きているのだろうか。




廿日市市に入る頃には、西側の空に青空が見えていた。宮島口に辿り着くと雨はもう止んでいて、少し遅めの昼ごはんを食べるため、人生初のうえのに入る。台風の影響か、待っている人も少なく、すんなりと席に着くことができた。シンプルなメニューのお店は好きだったりする。あなごめしの上に決めた。

山椒をかけ忘れるくらい、あなごめしを食べることに集中していたみたい。お腹を満たした後は、義父と義母をフェリー乗り場まで見送った。雨上がりの涼しい空気。これなら立秋だと言われても納得できるかもしれない。宮島を巡る、ほんの少しの自由時間。短いけど、旅を楽しんでいただけると僕らも嬉しい。




車を東に走らせた。給油を終えるとさらに東へ。商工センターに向かう。地図で目的地を確認し、この前ボブたちと通った道を逆向きに走っていった。さっきすぐ横を通ったのに、全く視界に入ってなかったレクトに辿り着いた。思ったよりも大きい、都会でよく見かけるようになった空間に当てもなく入った。

こっちゃんがどこかで働いている。飲食と物販、というヒントを頼りにお店の中を歩いてみた。それらしきお店がある。でも、こっちゃんは居ない。休みなのだろうか。そのまま店内を散歩して気づいたことがある。電話してみればいいんだ、と。結果、無事こっちゃんが働くお店で働く姿を見ることができた。




Remember the World 1th season
======================
Chapter.YU-15
広島県広島市 – HIROSHIMA/HIROSHIMA/JAPAN –
2017/08/07〜2017/08/08
Next destination
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。