白ごはんと味噌汁。【 旅LOG – 2018.11.19 】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/11/19(月)
立冬 ( りっとう ) 二十四節気
金盞香 ( きんせんか さく ) 七十二候 第五十七候


対等な関係性はつくれないものなのか。そうならない現実が目の前にあるということは、自分がそれを望んでいないということなのだろうか。妻から、正解か間違いかをいちいち確認されることが腹立たしい。すべての基準がこちらにあるわけではない。自分たちの基準は、自分たちの間にある。僕の中ではない。

何度も何度も繰り返してきたこのやり取り。自分の伝え方が悪いのか。それとも他に問題があるのか。同じことを繰り返すのは嫌だし、激しく腹が立つ。そうか、責任をこちらに置いているということか。そういうことなら話は早い。まずはそれぞれが、どう自分ごとで生きるのか、そこにフォーカスすればいい。


*


おやつにマヨネーズを塗って焼いた食パンを食べたら、3人で買い物に出かけた。まずは100円ショップに向かう。頭の中の地図で行き帰りの道順を思い浮かべ、小道を通って100円ショップがあるショッピングモールに向かった。その道中、なぜビニール袋から匂いが漏れるのか、その理由を知ることに。

続いて、産直で野菜を買った。うちの夫婦にとって鶏肉と野菜が、普段から食べたいものであり、食べているもの。そして最後に近所のスーパーに向かい、納豆や鶏肉などのたんぱく源を購入した。あとは1度家に戻って妻と息子を降ろし、灯油を買いに向かえば今日の買い物は終了。これでまた生きていける。


*


お米が美味しい。白ごはんと味噌汁があれば自分は幸せで、そこに漬物などのご飯のお供があれば、自分は充分過ぎるくらいに思える人間。だからそこに鶏の唐揚げや焼いた秋刀魚などが加わればもう、とても贅沢に思える。それなので、世の中が言う贅沢な食べ物のほとんどに興味がなくて。一汁一菜で充分。

味付けも、素材そのものに近いものが好きではある。もちろん、廻らないお寿司屋さんや料亭の料理も美味しいと思うし、高級なレストランに憧れた時もあった。でも今は、それよりも白ごはんと味噌汁の組み合わせの方が魅力的に思える。しかも家庭的な味が。日本人に生まれてよかった、と思えることの一つ。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 起床( 8:41 )、まったり、読書、ゲーム、まったり、パソコン仕事、最初のごはん、まったり、ゲーム。
午後 まったり、料理、最初のごはん、まったり、読書、ゲーム、おやつ、まったり、身支度、車で移動、100円ショップで買い物、車で移動、産直で買い物、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、家着、車で移動、ガソリンスタンドで買い物、車で移動、家着、まったり。
 まったり、洗い物、寝床の準備、お風呂、まったり、晩ごはん、洗い物、まったり、読書、ゲーム、読書、就寝( 2:24 ) 。

最初のごはん 味噌汁 @盛岡の家
カフェタイム とんこつラーメン、小松菜、白ごはん @盛岡の家
おやつ 食パン、コーヒー @盛岡の家
晩ごはん 白ごはん、味噌汁、小松菜 @盛岡の家


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-36
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/11/18〜2018/11/26
Next destination
– //JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


旅の時間・対話の時間
こばけんとの対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 旅の時間・対話の時間はこちらから


[ お知らせ ]

◻︎ 新しい試み、はじめました。【11/26(月)】
◻︎ 成果報酬スタイルの対話でのセッション、終了のお知らせ。【11/22(木)】
◻︎ LIFE × COBAKEN 、はじめました。【11/11(日)】
◻︎ 6月から半年くらいかけて、今の自分がやっていることをまとめているところです。 【10/19(金)】


[ ここ3ヶ月の人気の投稿 TOP5 ]

No.1 – また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。
No.2 – LIFE × COBAKEN 、はじめました。
No.3 – 僕が今、死ぬまでに伝えておきたい7つのこと。
No.4 – ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
No.5 – 内側にある怒りを手放すこと。【 旅LOG – 2018.10.07】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

LIEF × COBAKEN
COBAKEN LIFESTYLE LABO の公式オンラインショップ。

↑ LIEF × COBAKEN はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター 。広島県竹原市と岩手県盛岡市在住。2012年9月から旅する暮らしをスタート。6年間の7割半は旅先で、その旅先は、日本か東・東南アジアのどこか。生業は、旅や対話を通じて心のバランスを整え、想いや行動を促すこと。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。