身体のメンテナンス。【 旅LOG – 2018.10.01】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/10/01(月)
秋分 ( しゅうぶん ) 二十四節気
蟄虫坏戸 ( むし かくれて とをふさぐ ) 七十二候 第四十七候


目が覚めると、目のまわりや足のあたりに疲れを感じた。家で眠ったことで、早くも疲れが出たのだろうか。長らく続いている肩甲骨まわりも強張りも増していて、旅がひと段落したことを実感する。ということで、まずは身体をほぐすことから始めようと、ストレッチを始めた。身体の節々が伸びて気持ちいい。

そして、身体のメンテナンスのためにも、朝からお風呂で身体を温めることにした。妻もちょうど、身体がだるいらしい。先に入った妻が上がるのを息子と遊びながら待ち、交代して塩入りのお風呂でゆっくりと身体を温める。湯船に浸かって漫画を読むのは久しぶりで、半身浴をしながらお腹をしっかり温めた。


*


今日は一日。最初のごはんを食べてからはしばらく、パソコン仕事に明け暮れていたけれど、夕方になる前にと、3人で朔日参りに出かけた。またこうして新しい月を迎えることができたことへの感謝の想いを伝えに向かう。朔日参り、という言葉を知ってからも忘れてしまうことが多かったけど、今は大丈夫。

今月も盛岡八幡宮と岩手護国神社にお参りをすることになった。先月と違うのは、息子も靴を履いていて、歩けるということ。1ヶ月あれば、そんな変化が伴われる。それは大人である自分たちも同じで、時間を重ねるということは、変化を伴うということ。そんな変化を喜びながら手を洗い、本殿に向かった。


*


お風呂の前に息子は眠ってしまった。それなので今夜は、いつもとは違ったペースで、それぞれがゆっくりお風呂に入る。朝もゆっくり湯船に浸かり、夜もゆっくり浸かれるなんてありがたい。これできっと、明日の朝の目覚めが変わってくるはず。旅から戻ると、じわりじわりと疲れを感じるようになってくる。

風呂から上がるともう、パソコン仕事はしないことに決めた。眠るまでの時間をゆっくりと愉しむ。今日の終わり方を決めること、それも大事。人生の終わり方を描く以前に、毎日の終わり方を描き続けることは、毎日をよりよく生きるための習慣になるのかもしれない。終わりと始まりと、どちらも大切にする。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、まったり、ストレッチ、寝床の片付け、洗濯干し、まったり、お風呂、瞑想、料理、まったり、最初のごはん、洗い物、カフェタイム、パソコン仕事。
午後 パソコン仕事、読書、睡眠、身支度、車で移動、神社で朔日参り、車で移動、スーパーで買い物、車で移動、家着、片付け、料理。
 晩ごはん、洗い物、寝床の準備、まったり、読書、お風呂、まったり、読書、動画鑑賞、ゲーム、読書、睡眠。

最初のごはん 白ごはん、味噌汁、たまご納豆、麹南蛮 @盛岡の家
カフェタイム クラムボンブレンド、チーズケーキ @盛岡の家
晩ごはん クリームシチュー、バゲット、白ごはん @盛岡の家
夜食 出汁茶漬け @盛岡の家


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-24
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/09/30〜2018/10/10
Next destination
福岡県福岡市 – FUKUOKA/FUKUOKA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 41回目の誕生日。
◻︎ また泊まりたいと思う日本のゲストハウス。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。