何を大切にしてどこに向かうのか。【 旅LOG – 2018.07.27】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/07/27(金)
大暑 ( たいしょ ) 二十四節気
桐始結花 ( きり はじめて はなを むすぶ ) 七十二候 第三十四候


まずはパソコン仕事を終わらせることに専念しようと思う。今は、この先のことを父や母に確認したいから、片付けたいという気持ちが湧いた部分を片付ければいいのだと思う。ふり返ってみると、生まれてこれまで続いた課題かも。でも、そのための問いかけは考える必要はある。詰問と思われない問いかけに。

当時、とにかくやるしかない、という言葉は何度も耳にしてきたけれど、何を大切にしてどこに向かうのか、たったそれだけのことを共有してもらうことはできなかった。両親だけではなく自分にも問題があっての結果。でも、そのおかげで今こうして協力関係に必要なことを学び、実践することができている。


*


この時間の日向はしっかりと暑い。できるだけ日陰を歩こうにも、真上にある太陽が作り出す日陰は、あまりにも狭くて、せっかくだからと袖をまくって日光浴をしながら歩いた。まず向かったのは、ショッピングモールで仮運営中の図書館。エアコンの冷気を喜びながら、こぢんまりと並んだ本棚を見て回った。

これまでの館内よりスッキリしている感じがして嬉しい。あと、明るい感じも。座る場所がたくさんあれば長居をしたのだろうけど、仮の場所である限られたスペースだからか少ない。それのなので一旦外に出て、再び日向を歩きながらガストへと向かった。今日は店内で涼みながら、パソコン仕事を進める予定。


*


晩ごはんの中で、両親に好きなことを尋ねた。父はお酒を飲みに行っている時間であり、母は食べること、食べてもらうことを含めた料理をすることらしい。この問いかけが自分にとって、何を大切にしてどこに向かうのかを知るための質問。この中に含まれている未来と価値観を、自分なりに受け取れはいい。

最大の壁は、我慢することなのだと思う。これはうちの両親に限らず、上の世代に標準装備されていることが多い。我慢は我慢を生み、目の前の人にも我慢を強いることになる。それが必要な時代もあったのかもしれないけれど、今ではその姿もう、足の引っ張り合いでしかない。さて、それをどう取り払おうか。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、まったり、パソコン仕事、瞑想、パソコン仕事。
午後 パソコン仕事、最初のごはん、まったり、読書、パソコン仕事、読書、パソコン仕事、身支度、歩いて移動、コンビニで立ち読み、歩いて移動、図書館で探し物、歩いて移動、ファミレスでパソコン仕事、歩いて移動、家着。
 ゲーム、晩ごはん、まったり、読書、シャワー、寝床の準備、ゲーム、睡眠。

最初のごはん 冷やしそうめん @竹原の家
ファミレスでパソコン仕事 ドリンクバー @ガスト 竹原店
晩ごはん スーパードライ、苦瓜と油揚げの煮物、チキンカツ、かぼちゃの煮物、三分づきごはん @竹原の家


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-07
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/07/25〜2018/07/29
Next destination
広島県広島市 – HIROSHIMA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。