自分は弱い人間だと思う。【 旅LOG – 2018.07.20】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/07/20(金)
小暑 ( しょうしょ ) 二十四節気
鷹乃学習 ( たか すなわち わざをなす ) 七十二候 第三十三候


今は睡眠を補填しているのか、起き抜けに何の根拠もなくそう思った。盛岡の家で過ごしている時、睡眠が浅くて短くて、今ふり返ると疲れを身体に溜めながら過ごしていたように思える。それほど心が引っかかって、自分の身体に影響を及ぼしていたのだと思う。それが治まる傾向にあるのか、疲れすぎたのか。

ほんと自分は弱い人間だと思う。いろんな状況に影響を受けやすく、心に引っかかりを生みやすい。だから場所を変えながら暮らすことに決めたところもある。自分の中に当たり前を作らず、日々心を整えながら暮らせる環境を選んだのだと思う。おかげでいろんな自分を知れた。でもまだわからないことだらけ。


*


自分よりも長く生きている人には、目指すべき存在であってほしい、もともとそんな想いは強いのだと思う。そんな想いをぶつけられるうちの両親は、たまったものではないのかもしれない。それでも、お互いにとって必要だから、そう想うような出来事が現れるのだと思う。親子という縁は簡単なものではない。

目の前の出来事は、全て自分が選んだもの。そのことが腑に落ちてしまった今は、どこにも逃げ場はない。どんな出来事であろうが、それは自分が選んだものだから。それは相手にも言えることだけど、それは相手の話であって、自分は自分の人生における責任しかとることはできない。だからこそ愉しみを。


*


母は仕事の説明会があるらしく、準備を済ませてくれてから出かけた。父と次男と長男と一緒に晩ごはんを食べ始める。身長の変わらない男4人が、うちの小さな台所で過ごしている時の密度は、ものすごく高い。次男は長男の身長を抜いたらしく、自分との差もあと1センチになった。どこまで伸びるのだろう。

晩ごはんを食べ終えると、ケーキは食べないのか、と父が何度か訊いてきた。その都度、母が帰るのを待ってから、と返していると、父は服を着替えて出かけて行った。どうやら、飲みの誘いがあったらしい。せっかくの孫とケーキを食べられる時間だったから、一緒に食べたかったのだろうなとその時に思えた。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、シャワー、睡眠、瞑想、読書、パソコン仕事、歩いて移動、ご近所さん宅の片付け、歩いて移動、仕事場の片付け、昼ごはん。
午後 まったり、睡眠、仕事場の片付け、休憩、仕事場の片付け、休憩、仕事場の片付け、車で移動、ケーキ屋で買い物、車で移動、家着、まったり、ゲーム。
 晩ごはん、洗い物、パソコン仕事、おやつ、パソコン仕事、散歩、シャワー、まったり、睡眠。

最初のごはん 三分づきごはん、牛肉と春雨の炒め物 @竹原の家
カフェタイム 三分づきごはん、冷奴、鶏レバーの煮物 @竹原の家
晩ごはん スーパードライ、ミートボール、ミートスパゲッティ、ポテトサラダ @竹原の家


Remember the World 3th season
======================
Chapter.YU-03
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/07/18〜2018/07/23
Next destination
大阪府三島郡 – MISHIMA/OSAKA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。


    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。