問いがすべてを導いてくれる。【 旅LOG – 2018.05.09】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/05/09(水)
立夏 ( りっか ) 二十四節気
蛙始鳴 ( かわず はじめて なく ) 七十二候 第十九候


朝から電話での対話。イヤフォン越しに聴こえてくる元気そうな音を聴くと、こちらまで嬉しくなってくる。話しているその表情まで伝わってくるようで、人との関係性とは面白いもの。そこから1時間くらい、お互いが思いつくことを自由に話した。それが1番の対話だと思う。問いがすべてを導いてくれる。

しあわせのパンという物語。そこに二人の共通点が集約されていて、その世界観をベースに対話が続いていたようにも思えた。支援する人を支援する、人を輝かせる人を輝かせる。また次に出逢える日がいつなのかはわからないけれど、きっと何もなかったかのように接するのだろうな。そんな関係性が心地いい。


*


エネルギーの使い方を考えた方がいいのだろうか。人と対話すると、しばらく使い物にならなくなる自分がいる。何もできなくなって、食べるか、横になるか、それくらい。余力を残さず巡らせることについては出来ているけど、これでいいのだろうか。とにかく今は身体を休めること、それに専念するしかない。

自分の中の制限を取り除けた結果なのかもしれない。でもこれだと、対話できるのは1日に一組か二組。まぁ、それでいいのか。一日一組限定の宿もレストランもある。誠心誠意、自分できる最高の時間を提供し、どこかから巡りを受け取りながら生きればいいのか。愉しそうだから、そんな妄想もしてみよう。


*


ふと、アラビアータが食べたくなった。あのピリ辛の味と共に赤ワインが飲みたくて。相方に話すと、晩ごはんのメニューとしての合意が取れたから早速、鍋に水を入れて火にかけた。その間に、何か野菜が食べたいということでもう一品、野菜をオリーブオイルで蒸し焼きにすることが決まった。美味しそう。

フライパンで温まったアラビアータソースは、茹で上がったペンネに絡められた。それが白い皿に盛られる。割と量があって山盛り気味だけど、二人だから余裕で食べられそう。早速、チタンマグに注いだ赤ワインを飲み、フォークでペンネを刺して口に運ぶ。うまい、と思うと同時に次のペンネに手が伸びた。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、まったり、寝床の片付け、身支度、ごみ出し散歩、瞑想、電話で対話、カフェタイム、まったり、ゲーム、動画鑑賞、最初のごはん、まったり、睡眠。
午後 まったり、読書、睡眠、まったり、読書、パソコン作業、料理。
 晩ごはん、洗い物、まったり、お風呂、まったり、読書、ゲーム、睡眠。

カフェタイム パリパリバー、珈琲 @盛岡の家
最初のごはん 白ごはん、味噌汁、こんにゃくの炒り煮、えのきのしょうゆ煮、浅漬け @盛岡の家
晩ごはん 赤ワイン、ペンネアラビアータ、野菜のオリーブオイル焼き、白ごはん、えのきのしょうゆ煮、こんにゃくの炒り煮、浅漬け @盛岡の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-32
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/04/23〜2018/05/23
Next destination
東京都 – /TOKYO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 41回目の誕生日。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。