きっと、ただの天邪鬼。【 旅LOG – 2018.04.30】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

盛岡で朝を迎え、盛岡で眠りについた1日。





2018/04/30(祝・月)
穀雨 ( こくう ) 二十四節気
牡丹華 ( ぼたん さく ) 七十二候 第十八候


世の中は振り替え休日で、今はGWということらしい。人が移動しない時に移動して、移動する時には移動しない。人から旅人と呼んではもらえるけれど、自分はきっと、ただの天邪鬼なのだと思う。仮に、もし日本人の多くが移動しながら暮らすようになれば、自分は1カ所に定住することを選ぶ可能性が高い。

そんな自分だからGWに動くことはあまりない。どこに出かけても人は多いし、道も混んでいるから、こんな時は引きこもるに限る。もともと引きこもりがちな人間ではある。旅先でも、宿泊先にこもって過ごしていることも多い。自分は旅行者ではない。ただ単に移動しながら暮らし、旅をしているだけのこと。


*


最寄りのスーパーまで、相方と息子と3人で散歩に出かけた。いい天気で気温も高い。青い空の下をゆっくりと歩いていると、途中にある住宅街の静けさに相方が気づいた。確か今日は祝日。だからもう少し人がいても良さそうなものなのに。見かけたのは、玄関を洗浄機で洗う人と、公園で遊ぶ小学生の3人組。

その小学生たちはこれから、自転車スリル鬼ごっこをするらしい。自転車で追いかけ、自転車で自転車にタッチする鬼ごっこらしい。確かにスリルがある。そういえば小5の頃、思いっきり自転車を漕ぎながらライトをつけようとして、前輪に足が挟まり前に投げ出された記憶が蘇ってきた。若かりし頃の思い出。


*


鶏餃子をおやつに食べてから、そのまま晩ごはんの準備を始めた。今日は、広島滞在時に食べることができなかった、広島風のつけ麺を可能な限り再現する。スマホでレシピを開き、残っていた出汁を使ってつけつゆを作り始めた。野菜は相方が切ってくれていたから、つけつゆが出来上がれば麺を茹でるだけ。

茹で上がった麺を冷水で引き締め、お皿に盛り付けた。その横に茹でキャベツを盛り、麺の上には細切りのきゅうり、その上に細切りのねぎを盛る。焼豚はないけれど、それなりの形にはなった。それをつゆにつけて食べる。いい感じだけどもっと辛くていい。そう思って一味を入れまくったら、今度は辛過ぎた。




目覚め 盛岡の家。
就寝 盛岡の家。

午前 睡眠、まったり、落書き、最初のごはん、まったり、睡眠。
午後 睡眠、カフェタイム、パソコン作業、身支度、散歩、スーパーで買い物、散歩、家着、片付け、料理、おやつ、料理。
 晩ごはん、洗い物、まったり、お風呂、ゲーム、睡眠。

最初のごはん 白ごはん、味噌汁、鶏ハム、、きゅうりの浅漬け、えのきのしょうゆ煮 @盛岡の家
カフェタイム 珈琲 @盛岡の家
おやつ 鶏餃子、ホワイトベルグ @盛岡の家
晩ごはん 広島風つけ麺 @盛岡の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-32
岩手県盛岡市 – MORIOKA/IWATE/JAPAN –
2018/04/23〜2018/05/23
Next destination
東京都 – /TOKYO/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。