好きで、愉しくて、美しいこと。【 旅LOG – 2018.04.04】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/04/04(水)
春分 ( しゅんぶん ) 二十四節気
雷乃発声 ( かみなり すなわち こえをはっす ) 七十二候 第十二候


息子にとっては初めての海。砂が靴の中に入りそうだから、相方は砂浜の手前で待つことになった。瀬戸内の静かな海に向かって、二人で歩いていく。少し風はあるけれど、とてもいい天気で、見渡す限り雲はない。そんな日だから海も青くてとてもキレイ。でも息子には、そんな海よりも辺りが気になるみたい。

足をつけることはしなかったけれど、波打ち際で海水の行き来を眺めた。海水の動きよりも音の方が気になるみたい。次に、竹原に一緒に戻ってくる頃にはもう、自分で歩いているのだろうか。その頃にまた海に来れたら、違った反応が見られるだろうな。初回はこれくらいにして、駅前にごはんを食べに行こう。


*


授乳中はフードコートでパソコンでの作業を進める、それがいつもの流れになった。実際、仕事を進めるにはいい時間。盛岡からの車での移動中もそうだったし、一緒に出かける時はそれくらいが仕事を進められる時。遊びも仕事も瞬時に切り替わる。いや、遊びも仕事も同じ、日々の暮らしの1部なのだろうな。

長い休みが取れたんじゃね、地元の人にそんな風に言われた。自分は何をしている人に思われているのだろうか。仕事=どこかに所属している、という考えが根強いのだろうか。自分は今日も仕事をしている。でも、今日も自由な時間を過ごしている。年中無休で、毎日が休みな暮らし、それが自分が選んだ生活。


*


人や町がスタイルを持つためには何が必要なのか、ここ最近はそんな問いが頭の中を回り続けていて。その答えを受け取るために先日、ひさしぶりに雑誌を買った。そんな問いを自分に投げかけたまま、その雑誌を読んでいると、幾つかの言葉が目にとまる。それは自分もよく使っている、馴染みのある言葉たち。

好きで、愉しくて、美しいこと、この3つが、物事を決める大切な基準なのだと思った。それも、自分なりの基準でいい。人がどう思うかどうか、それは人にお任せして、自分は自分の基準でいい。この3つの基準をこの順番で自分に問いかけ、3つ共を満たしていれば、それは自分にとって必要なことなのだと思う。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、まったり、落書き、パソコン作業、まったり、パソコン作業、瞑想、身支度、車で移動、薬局で買い物。
午後 車で移動、お店でご挨拶、車で移動、浜辺で散歩、車で移動、店内散策、酒屋で買い物、車で移動、喫茶店で最初のごはん、車で移動、家着、車で移動、店内散歩、フードコートでパソコン作業、おやつ、店内散歩、車で移動、お店で物色、車で移動、コンビニで買い物、車で移動、まったり。
 お風呂、まったり、晩ごはん、まったり、読書、睡眠。

最初のごはん えびドリア @ヒロハウス
おやつ 石焼ビビンバ @
晩ごはん スーパードライ、三分づきごはん、鶏の唐揚げ、フライドポテト、筍の煮物、おでん @竹原の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-22
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/03/30〜2018/04/07
Next destination
広島県広島市 – HIROSHIMA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

– Follow Me –
Twitter / Facebook / Instagram


僕はこの5年で 1,500 泊以上、旅をしながら暮らすことに時間を費やしました。

その体験は唯一無二のもので、そこから得た大切なことを活かした僕との旅や対話の時間は、自分を生きることを望んでいる人にとって、とても価値があるものです。

そんな僕との対話の時間を通じて、自分を整えたり、自分と仲直りしたり、自分の未来を描いてください。

対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

夫婦とは、どうあるべきなのか。
http://cobaken.net/monologue/10081
小林豊との対話に価値を感じた、という方に質問です。
http://cobaken.net/cobaken-news/12387
旅する日々の中での、自分の心を整える時間。
http://cobaken.net/monologue/12405


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの一覧
旅する暮らしで提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものリストはこちらから

小林 豊 公式メールマガジン
月に1度、メールマガジンを配信しています
画像の説明
↑ メールマガジンへの登録はこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。