世界はこうしてうまく回る。【 旅LOG – 2018.04.01】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

竹原で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/04/01(日)
春分 ( しゅんぶん ) 二十四節気
雷乃発声 ( かみなり すなわち こえをはっす ) 七十二候 第十二候


父と母と、5人で墓参り。今月は祖母の命日もあるから、と歩いて墓のあるお寺に向かった。少し前にやってきた救急車の賑わいも収まり、再び静かになった町並み保存地区のはずれで、母は職場の仲間に出逢い、それからしばらく立ち話。僕らはお寺に向けて進み、長い階段を登った先にある境内で少し待った。

後から追いついた母お交えての墓参りを終え、境内に戻ると、親戚の一家が居た。姉ちゃんはこの後、名古屋に戻るらしい。そんなタイミングで息子をお披露目できた。これも、母が立ち話をしてくれていたおかげ。僕らが生きている世界は、こうしてうまく回るもの。だから、イライラするだけ損なのだと思う。


*


改札の向こうに、大きなスーツケースを持ったゆうきが見えた。岡山から広島に向かう途中、お届け物をするために竹原に立ち寄ってくれた。今回は青春18きっぷでの旅らしい。でも、呉線の次の電車はだいぶ先だから、山陽本線の通る白市駅へと車で向かう。短い時間だけど、ゆうきを交えた4人での車旅。

旅札、というお札の旅。その始まりとして自分が受け取った。このお金がどんな風に旅をするのかが愉しみ。この世界の巡りを純粋に信じて、素直に実行しているゆうきから発された想いは、どんな風に旅をしてゆうきのもとに戻るのだろうか。今回は、バンコク以来の再会。次はどこで出逢えるのか、愉しみだ。


*


激しく泣きわめく息子。眠いのだろうか、疲れているのだろうか。幸いどこかが痛いというわけではなさそう。ここ数日の環境の変化や、移動での疲れが出たのだろうか、驚くような声で泣きわめき続けている。ある意味、元気なものだ。こんな小さな体から、よくこんな声が出るな、と感心してしまうくらいに。

そんな息子も静かになり、腕の中で静かに眠った。何だったのだろうね、と相方と歩きながら話した。その答えは本人にしかわからないことだけど、その本人が望むことを叶えられる環境がいい。それは相方にとっても自分にとっても同じこと。我慢し合うではなく、それぞれが自分を生きること、それがいい。




目覚め 竹原の家。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、まったり、最初のごはん、まったり、寝床の片付け、瞑想、落書き、パソコン作業、身支度、歩いて移動、墓参り、歩いて移動、家着、まったり、身支度、車で移動。
午後 駅で待ち合わせ、車で移動、コンビニで買い物、車で移動、駅で見送り、車で移動、電話で対話、店内散歩、車で移動、お店で昼ごはん、車で移動、家着、読書、睡眠。
 睡眠、お風呂、晩ごはん、まったり、読書、睡眠。

最初のごはん トースト、ゆで卵、サラダ @竹原の家
昼ごはん ロースとんかつ定食 @三万石
晩ごはん スーパードライ、三分づきごはん、ヒレカツ、白身フライ、菜の花の胡麻和え、サラダ @竹原の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-22
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/03/30〜2018/04/07
Next destination
広島県広島市 – HIROSHIMA/HIROSHIMA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 41回目の誕生日。


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれのファシリテーター。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話の場をつくることを生業にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。