自然と仲良く暮らせる世界。【 旅LOG – 2018.02.16】




– 旅LOG – 旅する暮らしの心の記録

広島で朝を迎え、竹原で眠りについた1日。





2018/02/16(金)
立春 ( りっしゅん ) 二十四節気
魚上氷 ( うお こおりを いずる ) 七十二候 第三候


新月を迎えた日の朝、ボブ宅を出て最寄りのバス停まで歩いていた。中山という名の、ごくごく最近知った、坂の上にある人の暮らしがあるエリア。階段で坂をショートカットしたら、枝が道の上まで伸びる少し細めの道になる。木が元気なことは僕らにとってもいいこと。自然と仲良く暮らせる世界が望ましい。

最後に踏切を越えるとバス停まではもうすぐ。バス停の方を眺めると、走り始めた赤白のバスが見えた。次のバスまでの約10分間、それが自分にとっての大事な時間になる気がした。あのバスに乗れた世界との違いはわからないけれど、自分が生きる世界はこれを選んだ。さて、荷物を降ろして本でも読もう。


*


竹原の家に戻り、部屋の掃除を終え荷物を片付けていると、部屋の真下にある台所から声がかかった。コーヒーを入れてくれたみたい。開けていた窓を閉め、階段を下りる。これまで何度、この階段を上り下りしたのだろうか。生まれた頃にはすでに歴史を重ねていた階段ではあったけど、それでも趣は増すもの。

台所で父と母と3人でのお茶の時間。買ってきてくれていた二重焼きを食べていると、宮島で何度も耳にした、御座候という名前が頭に浮かぶ。次に宮島に行く時には、お土産として買っていこうか。宮島であんなに話したから、タイムリーなおやつでとても嬉しい。あんこの甘さと焼けた皮の味が、優しい感じ。


*


今日の長男は静かな気がする。目の前に並べられた海苔と酢飯と具を巻き続けながら、4人での晩ごはんの時間は進んでいった。次男は来れなくて、それを想定して準備した5合の酢飯の山がすごい。そうは言っても、この前盛岡で3合を二人で食べたから食べられる気もする。せっかくだからたくさん食べよう。

どうやら、高校3年生になるにあたって進路を決める時期みたい。話を聴いていると、学生から社会へのつなげ方が気にくわない自分がいた。社会は勝手で嘘で飾られているものが多い。けど、子供には正直に生きろと。理不尽。とりあえずで進学するくらいなら、バイトしながら自由に生きてみればいいと思う。




目覚め ボブ宅。
就寝 竹原の家。

午前 睡眠、シャワー、瞑想、最初のごはん、荷詰め、まったり、歩いて移動、読書、バスで移動、広島駅着、歩いて移動、本屋で物色、お店で昼ごはん、歩いて移動。
午後 バスで移動、歩いて移動、家着、掃除、片付け、カフェタイム、読書、ゲーム、まったり、落書き、パソコン作業。
 パソコン作業、晩ごはん、まったり、お風呂、まったり、散歩、寝床の準備、ゲーム、読書、睡眠。

最初のごはん フルーツグラノーラ @ボブ
昼ごはん 広島つけ麺、おむすび @ばくだん屋 広島駅新幹線口店
カフェタイム 二重焼き、コーヒー @竹原の家
晩ごはん 手巻き寿司、スーパードライ @竹原の家


Remember the World 2th season
======================
Chapter.YU-10
広島県竹原市 – TAKEHARA/HIROSHIMA/JAPAN –
2018/02/16〜2018/02/20
Next destination
福岡県久留米市 – KURUME/FUKUOKA/JAPAN –
======================
まずは ” あるもの ” に目を向けること
そして ” 世界を自分ごと ” に
[ COSMOPOLITANS ] OFFICIAL PAGE
https://www.facebook.com/cosmoprojects/


小林豊が旅する暮らしの中で体験している、
スキナコトヲ スキナトキニ スキナトコロデ、という在り方。
そんな、自分らしく、しあわせに過ごしている日々の心の記録、それが旅LOG 。

この記録が、

未来に生きる人たちが、より自分らしく、しあわせな毎日を過ごすこと、
今を生きる人たちが、自分は自分のままでいいんだ、と自分に伝えること、
過去を生きる人たちが、ごめん、許して、から、ありがとう、に変わっていくこと、

そんなきっかけのひとつになることを信じて。

    


自分と仲直りすること、自分の望みを叶えること、
そんな人生をよりよくするきっかけの時間を、一緒に過ごしましょう。

旅の時間・対話の時間
小林豊との対話が可能な時間帯をまとめてあります。

↑ 対話可能な日時はこちらから


[ 人気の投稿 ]

◻︎ ユパ様というメンター。【 旅しているから見える世界 】#9
◻︎ 前提はお互いへのリスペクト。【 旅LOG – 2018.06.10】
◻︎ 住宅街にある、小さな醸造所。【 旅LOG – 2018.05.27】


暮らしている場所の予定
4週間ごとの予定を更新しています。

↑ 暮らしている場所の予定はこちらから

提供できること・必要なもの
旅する暮らしの中で提供できること、必要なものを更新しています。

↑ 提供できること・必要なものはこちらから

D-LABO
より納得感のある、自分らしい幸せな人生を生きるための学び合いの場

↑ D-LABO の詳細・登録はこちらから


スキナコトヲ
スキナトキニ
スキナトコロデ

これまでもこれからも
そんな旅する日々を。


– 自分らしく、しあわせに生きること –
COBAKEN LIFESTYLE LABO
TRAVEL × DIALOG
http://cobaken.net

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございます。

BLOG TOPへ
TOPページへ

1977生まれの旅人。2012年9月から旅する暮らしを始めました。拠点は広島と岩手で、年の8割以上は日本かアジアのどこか。旅先で対話することを仕事にして生きています。詳しいプロフィール ⇒ 

小林豊の活動を応援したい、と思ってくれる人へ。